2022.01.15

生活保護の増加が止まらない…そのウラにメディアが報じない「新たな貧困層」

高齢者でも、母子家庭でもない
鷲尾 香一 プロフィール

そこで、前述した厚労省の発表資料である「生活保護の被保護者調査」には掲載されていない「労働力類型別世帯数」を統計のデータベースから調べた。

労働力類型別世帯数は、生活保護受給世帯のうち、働いている人がいる世帯を「稼働世帯」、働いている人がいない世帯を「非稼働世帯」として集計している。

働き手のいる稼働世帯は、20年1月の25万962世帯から同年6月の23万5852世帯に大きく減少し、その後も21年10月まで、23万世帯台半ばで推移している。

これに対して、働き手のいない非稼働世帯は、20年2月の137万5346世帯から同年6月の139万3147世帯に急激に増加し、その後もジリジリと増加傾向が続いている。(表3)

表3
 

稼働世帯は20年1月から21年10月の23万5659世帯に6.0%(1万5303世帯)減少しているのに対して、非稼働世帯は139万8342世帯に1.5%(2万1510世帯)も増加している。

関連記事

おすすめの記事