2022.01.15

生活保護の増加が止まらない…そのウラにメディアが報じない「新たな貧困層」

高齢者でも、母子家庭でもない

報道は「申請件数が6か月連続増加」ばかりだが

生活保護受給件数の増加に歯止めがかからない。この背景には、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、これまでの受給者層とは違う“新たな貧困層”が生まれている可能性がある。

浮かび上がる「新たな貧困層」の存在。写真はイメージ/photo by iStock

大手のメディアが報道する生活保護件数のニュースでは、そのほとんどが表面上の件数だけを取り上げたものとなっている。

例えば、厚生労働省が1月5日に発表した直近21年10月の「生活保護の被保護者調査」について、NHKでは「申請件数が前年同月比で6か月連続増加した」ことを中心に伝えた。他の大手メディアも“似たり寄ったり”の内容だ。

確かに、21年10月の申請件数は1万8726件と前年同月比105件・0.6%増加し、6か月連続の増加となっている。だが、注目すべきは、生活保護受給の傾向にこれまでとは違った大きな変化が起こっていることだ。

生活保護の統計には、申請件数のほかにも、生活保護受給者数、受給世帯数、類型別の受給世帯数(高齢者世帯、母子世帯など)、生活保護の扶助種類別受給者数(生活扶助、住宅居扶助など)が網羅されている。

もっともわかりやすい変化は、受給人数が減少しているにも関わらず、受給世帯数が増加していることだ。(表1)

表1
 

関連記事

おすすめの記事