習近平とプーチンが、台湾とウクライナで起こしうる「最悪のシナリオ」

もはやアメリカも止められない

NATOとロシアは物別れに

ウクライナ問題をめぐって、ロシアと米国、欧州の緊張が続いている。1月12日にはロシアと北大西洋条約機構(NATO)の協議が開かれたが、打開策を見いだせないまま、終わった。このままなら、時間切れで「最悪の事態」に突入する懸念も強まっている。

ブリュッセルのNATO本部で開かれた12日の協議で、ロシア側はNATOの拡大に反対し、ロシアと国境を接する国からのNATO軍の撤退、ウクライナが将来もNATOに加盟しない確約を求めた。NATO側はこれを拒否し、物別れになった。

NATOのイェンス・ストルテンベルグ事務総長は、協議後の会見で「双方が対話を再開し、将来の会合の日程を検討する必要性を表明した」と述べたものの「ロシア側は今日、次の会合について合意する用意はない、と明確に述べた」と釘を刺した。

NATOのイェンス・ストルテンベルグ事務総長[Photo by gettyimages]
 

13日には、ウィーンでウクライナも含めた欧州安保協力会議(OSCE)の会議が開かれるが、これは57カ国が参加する大使級レベルの会議で、大きな進展は期待できない。ロシアと米欧の交渉は実質的に「12日でひとまず終了した」とみていい。

ストルテンベルグ事務総長が示唆したように、ロシアが交渉を継続するかどうかは、ひとえにウラジーミル・プーチン大統領の胸先三寸にかかっている。米欧には「米欧が妥協しなかったことを口実に、ロシアはウクライナへの武力侵攻を決断するのではないか」という悲観論もある。

関連記事

おすすめの記事