学校にはびこるイジメに立ち向かう…平成期の少女マンガ「すくらんぶる-b」が爽快すぎる!

子どもの頃、どんな少女マンガを読んでいましたか? クラスの中では、なかよし・りぼん・ちゃお・花とゆめなど派閥が分かれていたり、応募者全員サービスのグッズが欲しくて切手を送ったり、夏の増刊号の怖い話特集がトラウマになったり…。

そんな「懐かしい〜〜!」と思わず身悶えしてしまうような記憶が再び!

現代ビジネス少女マンガ部は第2弾がスタート。「なかよし」に続き、平成期にマンガ誌「ちゃお」に連載されていた懐かしの作品を毎週火曜日にリレー形式で紹介します。

無料試し読みもありますので、ぜひ当時のときめきを思い出してみてください。

思い出や感想ツイート、リクエストツイートもお待ちしてます。Twitterのハッシュタグ「#現代ビジネス少女マンガ部」をチェック!

正義の味方「b-倶楽部」! 

第25回で取り上げるのは、「ちゃお2000年9月号」よりスタートした、「すくらんぶる-b」。「花まるDEキッチン」「天使のはぴねす」「極上!!めちゃモテ委員長」などの連載作がある、にしむらともこさんの作品です。

(C)にしむらともこ/ 小学館

同じく2000年に連載がスタートした「ちゃお」作品を振り返ってみると…

・ルナ・ルナティック
・めーどいん☆みかる
・恋はオン・エア!
・Go→Go→マンボー
・コレクター・ユイ ギャグネット大作戦
・きらきら☆迷宮
・天使なやつら
・雪ん子!!
・極☆RAKUロックンガール

など、懐かしの人気作がラインナップに連なっています。

「すくらんぶる-b」は、ちゃお2000年9月号から2002年2月号まで連載。続編となる「空色☆すくらんぶる」も、ちゃお2002年6月号から2004年3月号まで連載されるなど、ロングヒットとなりました。

あらすじを見てみましょう。

<超元気少女・二ノ宮空が転入した青琳学園。そこは、お金持ちのAクラスの生徒がBクラスの一般生徒をイジメたり、さまざまな悪事を行っている学校だった。でも、そんなAクラスの悪いやつらをやっつける正義の味方がいた。その名は「b-倶楽部」! 転校早々、Aクラスの生徒ともめた空はb-倶楽部の帆志たちと出会って…!? >

 

とにかく「かっこいい女の子」

中学生の二ノ宮空は運動神経抜群で正義感の強い女の子。母を亡くしたばかりで、アフリカで動物学者をしている父親に代わり、祖父で理事長である真行寺源三に引き取られ、青琳学園に転入することになりました。

この学校は寄付金の多い生徒はAクラス、それ以外の一般生徒はBクラスに分かれていて、校舎も制服も違っています。寄付金の多い生徒には先生も甘いためAクラスはやりたい放題で、Bクラスの生徒たちを虐げていたのです。けれども、そんなAクラスにもBクラスの味方をする者たちがいました。それが、生徒会役員でもある帆志、港、紫音の3人がつくった「b-倶楽部」だったのです。

見込まれて、その4人目のメンバーとなった空はとにかく「かっこいい女の子」! 帆志から「サル女」と称されることもありますが、抜群の身のこなしと跳躍力で「b-倶楽部」の機動力となります。AクラスとBクラスの力関係についても「そんのおかしーよ。同じ生徒なのにさ!」と堂々と言ってのける姿も魅力的でした。多感な時期の小中学生読者は、「空ちゃんみたいな子がクラスにいたらいいな」と思ったものです。

(C)にしむらともこ/ 小学館

実は空は青琳学園で、ある男の子を探していました。5年前に川に流されていた犬を一緒に助けてくれた男の子。別れる時に「また会おう」と約束した彼は学園の初等部の制服を着ていたのです。ちなみに、そのエピソードを友だちから「初恋の人なんだー」と指摘されると、真っ赤になって照れてしまうなど…恋愛ごとにはかなり奥手のようです。

空が出会った男の子の正体とは? AクラスとBクラスの間にある深い溝は埋めることができるのか? 「すくらんぶる-b」「空色☆すくらんぶる」共に、読むと元気が出ること間違いなしです!

(C)にしむらともこ/ 小学館
次回は2月8日に更新です。お楽しみに!

関連記事