新型コロナ危機でじつは貧困問題が「5年分逆行」していた…!

1年で貧困人口が8000万人増加

新型コロナショックは世界中の経済活動をストップさせ、貧困問題を深刻化させました。具体的にどのような事態なのか。教養としての金融危機著者が新型コロナと貧困問題の関係を解説します。

 

新型コロナ危機と貧困問題

パンデミックによる世界的な経済活動の減速で、貧困率の再上昇は避けられません。

世界銀行の試算では、2020年に世界の貧困人口は8000万人ほど増えて7億3000万人程度となってしまったようです。

これは概ね2015年頃の水準ですので、貧困削減の進展が約5年分逆行したことになります。

貧困は人道上の考慮は当然として、経済的・社会的な分断を悪化させ、世界経済を不安定化させる潜在的な要因です。

新型コロナ対策の面では、先進国からのワクチン供給や医療体制支援等、十分とはいえないまでも一定の努力が続けられています。

しかし先進国自体が、自国の新型コロナ対策に忙殺されている中では、財源の捻出は簡単ではないかもしれません。

関連記事