2022.01.13
# 企業

「紙の新聞」の時代は終わったー17年連続、止まらない部数大幅減

デジタルもマネタイズの方策なく

もう若者には新聞を読む習慣がない

新聞の凋落が止まらない。

日本新聞協会が発表した2021年10月時点の「新聞の発行部数と世帯数の推移」によると、朝夕刊セットで1部と数えた発行部数は3302万7135部と、1年前に比べて206万部、率にして5.9%減少した。日本での新聞発行部数のピークは5376万5000部を記録した1997年で、2005年に5300万部を割り込んで以降、17年連続で減少が続いている。

by Gettyimages

特に2018年以降は毎年5%を超える大幅な減少となり、2020年は7.2%も減少、直近では減少率は5.9%に鈍化したとはいえ、下げ止まる気配が見えてきたわけではない。ピークから四半世紀で2000万部減少、この10年だけで1500万部も減っており、「紙の新聞」の時代は残念ながら終わったと言っていいだろう。

筆者は千葉商科大学でメディア論などを教えているが、講義を受ける数百人の学生に「紙の新聞を読んでいるか」アンケートで聞くことにしている。大学生世代で「紙の新聞」を読んでいるのは100人中数人。同居している親がとっている新聞を読むというケースがほとんどで、自分で購読して毎日新聞を読むという学生は1人いれば良い方である。

紙ではなく、デジタル版を読んでいるのではないか、と思われるかもしれないが、これも実は少数である。その理由は購読料。新聞の購読料はだいたい月額4000円以上だから、学生が「情報対価」として払うには高い。新聞しか情報が無かった時代ならともかく、インターネットを介して情報が氾濫している現在、わざわざ新聞を購読して情報を取らなくても良い、ということになる。

 

30代以下の世代では、毎日、新聞を読むという「習慣」がほぼ消えていると見ていい。1世帯当たりの発行部数は2007年まで1部を超えていたが、今や0.57。新聞をとっていない世帯が半分近くになっている。今後も、宅配で新聞を購読する世帯は減り続け、新聞発行部数も減少が止まらないに違いない。

関連記事

おすすめの記事