2022.01.24
# ライフ

「相場を無視した売値」で契約寸前…87歳認知症の女性が巻き込まれた「不動産売買」トラブル

これまで数々の相続トラブルを解決してきた司法書士で、『相続は遺言書で9割決まる!』の著者・福田亮氏のもとには、日々さまざまな相談・依頼が舞い込んでくる。

今回ご紹介するのは、認知症を発症した一人暮らしの女性に降りかかったお金のトラブルの事例だ。解決のカギは「成年後見制度」にあった……。

マンション前で一触即発の事態!

一昨年の夏、知り合いの不動産業者さんから電話が入りました。「福田先生は成年後見ってやってましたっけ? 同僚がちょっと困ってるんです」と。

目黒区のあるマンションの売買が、どうも難航しているらしく、話を聞いてほしいというのです。OKの返事をして相談日を決めたのですが、相談日の3日前にまた電話が入り、「すぐ現場に来てください!」と呼び出されました。

Photo by iStock

なんだ、なんだ……と思いながらも現場に急行すると、マンションの一室の前に人が集まって押し問答しているところでした。

現場にいたのは、その部屋の持ち主である佐々木秀子さん(仮名・87歳、以下同)、同じマンションの住人で佐々木さんと親交のある女性、不動産業者の男性、区議会議員の男性の4名でした。

不動産業者から電話を受けて来たこと、司法書士であることを伝え、話を聞いてみると、確かに厄介な事態であることが分かりました。

佐々木さんと不動産業者の間で売買の話が進んでいるのに、佐々木さんの友人が止めに入っているのです。不動産会社の営業担当は、「本人がいいって言ってるんだからいいじゃないですか」と話を進めようとしたところ、周りの人たちが、「認知症の診断が出ているんだから、契約なんてできませんよ」と。話し合いというよりも、ほとんど喧嘩をしているような状況でした。

そこに飛び込み、「認知症の診断が出ているんですか?」と聞いてみると、3ヶ月前に診断が出ているとのこと。

 

認知症の診断が下りているとなると、いくら本人が「売ります」と言っていたとしても、それを真に受けて契約するのは危険です。不動産屋業者の方に「このまま進めてしまうと、後で話がひっくり返る可能性もあります。今、この場で契約するのはやめておいたほうがいいですよ」と伝えました。

すると、当然のことながら、「じゃあ、どうすればいいんですか?」という話になって……。

SPONSORED