2022.01.14
# 中国

北京・冬季オリンピック直前のいま、記者たちが怯える「黒いウワサ」

人がどんどん消えている

気に食わないヤツは拉致して、黙らせればいい。マフィアまがいの行為が中国では横行しているという。目をつけられた人物は、社会的に抹殺される。こんな恐ろしい国で五輪は無事に行われるのか。

ある日連絡が取れなくなる

2月4日、中国で北京冬季五輪が開幕する。

欧米をはじめとする各国首脳は「外交ボイコット」で訪中しないが、「スポーツの祭典」を取材するために各国の記者は大挙して北京に押し寄せるはずだ。だが、日本人記者の中にはこんな不安を抱いている人間も多い。

Photo by gettyimagesPhoto by gettyimages
 

はたして無事に戻って来られるのだろうか、と。

中国に駐在する日本の大手紙記者が明かす。

「スポーツ取材しかしない運動部の記者は大丈夫でしょうが、応援で駆り出される社会部などの記者はせっかくの機会なので、コロナ下の北京を取材したいはずです。

しかし、どこまで取材できるのか。万が一、スパイ容疑で拘束されると何年も日本へ戻れないおそれがあります。とくに保守系メディアの記者は、当局の虎の尾を踏みやすいのではないかと、恐れ慄いています」

これはジョークではない。中国は'14年に「反スパイ法」を施行し、外国人の取り締まりを強化している。これまでにスパイ容疑で15人もの日本人が拘束された。もちろん、何がスパイ行為に当たるかの判断基準は当局次第。記者たちが本気で怯えるくらい、中国では簡単に人が消える。

SPONSORED