2022.01.12
# 週刊現代

愛子さまと悠仁さま「天皇の座」をめぐり、ふたりを待ち受ける「過酷すぎる運命」

昨年の12月1日に20歳の誕生日を迎え、成年皇族となった愛子さま。前編の『逆境のプリンセス「愛子さま」をこれから待ち受ける「運命のゆくえ」』では、純白のローブ・デコルテを纏って成年の行事に臨んだ愛子さまのこれまでをお伝えした。

昨年10月に皇室を離脱した眞子さんの結婚がきっかけとなり、世論では「愛子さまを天皇に」という声も高まっているという。次の天皇は秋篠宮、さらにその次は悠仁さまと決まってはいるものの、はたしておふたりは今後どんな道をたどるのだろうか。

眞子さん騒動の余波

もうひとつ愛子さまの励みとなったのが、家庭での教育だ。天皇は歴史、雅子さまは英語と、それぞれ得意科目を教えた。

「陛下は講談調で面白おかしく歴史を語るのがお上手で、いつも愛子さまはキャッキャッと笑って聞いていらっしゃいました。

一方で英語は『僕より雅子のほうがうまいから』と、皇后陛下に任せていた。皇后陛下は毎晩決まった時刻に1〜2時間、愛子さまと英語だけで話す時間を設けていました」(宮内庁関係者)

Photo by iStockPhoto by iStock
 

親子水入らずで語らうひとときは、御所の外で絶えず吹き荒れる噂や報道の嵐から、愛子さまの心を守るシェルターとなったに違いない。

愛子さまは現在、学習院大学文学部の日本語日本文学科に在籍し、古典を中心に学んでいる。コロナ禍で通学こそ叶わないが、成績は優秀。幼少時に飛び交ったような心ない憶測は、もはや誰ひとり口にしない。

愛子さまの成長は、この20年あまり猛烈な批判にさらされ続け、心身を消耗させてきた雅子さまにとっても、大きなよすがとなってきた。皇后となった雅子さまは現在、リアル、オンライン問わず公務に姿を見せ、かつては休んでいた宮中祭祀もこなしている。

愛子さまを立派に育て上げた誇らしさが、雅子さまを勇気づけ、機能不全に陥りかけていた天皇一家の「復権」にもつながった。

だが、対照的に沈鬱な空気が支配しているのが、秋篠宮家である。

関連記事