2022.01.12
# 就活

数年前とは大違い…現在の就職活動が始まる「本当のタイミング」

これから本格化する23年卒の場合
石渡 嶺司 プロフィール

この採用時期の分割化も、企業によって様々。

補充選考型(採用時期は基本1回で、4年6月以降に補充選考で少数を採用)もあれば、インターンシップ優遇型(夏・秋の長期インターンシップに参加した学生を優遇する選考を実施)、採用担当者の都合型(採用担当者が少数で時期を分割しないとセミナー・選考を実施できない)など様々です。

特に、人材不足が長期化し転職市場も高騰しているIT人材については、採用時期が遅い業界・地方ものんびり構えてはいられません。

私の取材だと、選考の主ルートは4年生5月以降としている地方銀行でも、IT人材については3年生12月にはすでに内定を出したところもありました。

定義が複雑化してきた「インターンシップ」

ここまで、複雑怪奇すぎて頭を抱えている読者も多いはず。そんな読者にトドメを刺すのが、インターンシップです。

「え?インターンシップ? 就業体験のこと?」と思われた方、実はそうではありません。

日本の就活市場において就業体験できるインターンシップはごく少数。リクルート「就職白書2021」によると、インターンシップの実施期間で1週間以上とした企業は合計で10.8%。最多を占めたのは「1日」で70.9%でした。

Photo by iStock
 

1日で「就業体験」できるのか、と言えば、そんなもの、できるわけがありません。では1日のインターンシップで何をやるのか、と言えば、業界研究やグループワーク、工場見学、先輩社員との懇談など。日伝という大阪本社の専門商社が2010年から始めた就活支援型(模擬面接や自己分析セミナーなどを実施し、採用担当者が学生に就活のノウハウを提供)も、現在では各業界の企業が導入しています。

SPONSORED