2022.01.19
# 不倫

不倫妻と別れた「40歳のシングルファザー」が直面した、子育ての「意外すぎる落とし穴」

妻の不倫が原因で離婚をした後、シングルファザーとなったユウジさん(40)は、ひとり親家庭ならではのさまざまな問題に直面しながら、子育てと仕事をこなす日々を送っていた。

やがて数年が経ち、友人の紹介で出会った女性と再婚することを決めた。だがユウジさんが選んだのは、別居婚だった。

前編:夫が絶句した「ラブホテル不倫」がバレた子持ちの専業主婦がくだした、驚きの決断

社会的に「ないもの」にされている

ユウジさんが「一般社団法人ひとり親支援協会エスクル」と出会ったのはその頃だった。同じような境遇にあるシングルファーザーやシングルマザーと関わるようになり、月に1度ある交流会には娘と一緒に参加して、ひとり親家庭の子どもたちどうしの絆も作ってやった。

やがてユウジさんはエスクルがメンバーに実施したアンケートを見て、児童扶養手当を受給しているシングルファーザーが予想以上に多く、ひとり親家庭の直面しているさまざまな問題を俯瞰的に考えるきっかけになったという。

Photo by iStockPhoto by iStock
 

日本では現在、シングルファーザーはシングルマザーの約7分の1だと言われている。社会のなかではまだまだマイノリティであるひとり親家庭のなかでも、さらにマイノリティな存在だといえる。そのうえひと口にシングルファーザーといっても、離別が原因の場合、死別が原因の場合、子どもの性別、年齢などによって家庭環境はさまざまだ。

それぞれの家庭環境には固有の問題があるわけだが、それらには支援の手が行き届いているとは言い難いどころか、一般的に知られてすらいない。社会的には存在しないことになっている。

「社会の構造がひとり親家庭の存在を想定していないんだと実感しました。たとえば私もそうですが、異性の子を持つ親は温泉に行っても一緒に入れないんです。内風呂のあるところを探すか、部屋にあるユニットバスに入るしかなくて。

とはいえ、せっかく温泉に来たからには娘にも大浴場を味わせたい。だから友人家族と一緒に旅行したときには、娘を連れてお風呂に入ってもらったこともあります。

また男親だと娘の性教育が難しいと感じたので、マーチングバンドを習わせました。そこで同性の子どもたちと仲良くなれば学べることは多いだろうと。

ただ、なんでママいないの? と友達には度々聞かれたそうです。子育てのメインは母親で、家には両親がいるのが当たり前、夫婦は一緒に住むのが当たり前という認識がまだ社会的には一般的なんでしょうね」

関連記事