2022.01.10

「じゃっかん19歳で…」の表記、「弱冠」「若干」どちらを使ってもヘン…かもしれません

「ジャッカン」、よく耳にするけど…

若くして偉業を達したスポーツ選手に対して「ジャッカン」という音を付けることがある。

ヤクルトの村上選手はジャッカン21歳にしてホームラン王となった。

ジャッカン19歳の橋本大輝選手が東京五輪体操で個人総合金メダルを獲得した。

たぶん、意味はない。調子で付けている。

だいたい「調子づけたいニュース」で使われている。

若いのにすごいな、という雰囲気を出すために使っているのだ。

〔PHOTO〕iStock
 

本来は「わずか19歳で」といえばすむところを、カンジのジュクゴ風味のほうが盛り上がるかもと「ジャッカン19歳で」と言い換えられているだけである。

おそらく「ジャッカン」という音そのものが心地いいからだろう。

ただこういう使い方の場合、本来の「弱冠」とは関係がない。

「弱冠」の典拠を中国の古典に求め、「若干」や「若冠」と書くのは間違いであるという指摘を見かけることがあるが、いやはや、いやはや、うーん、うーん、どうなんだろう、とおもうばかりだ。

「若干19」が間違いで、「弱冠19」が合ってるか、というのはなかなかむずかしいところである。

同じくらいに間違っていると言えないか。

そういう話である。

「弱冠」の出典は『礼記』であるとされている。

『礼記』は、中国の典拠のなかでもかなり古いものなので、ここがおおもとと考えていいだろう。

『礼記』は、四書五経のひとつ。

四書五経は儒教の基本的な経典で、五経は古い根幹的なもので、四書のほうが新しく入門書的な書物である。

『礼記』は古いほう、五経の一つ。

入門の四書『論語』『大学』『中庸』『孟子』はいまでも日本の本屋ですぐに手に入るが(文庫化されている)、『礼記』はあまり売っていない。

ちなみに、ライキ、と発音する(いや、もちろんご存知だとはおもうが、念のため)。

関連記事

おすすめの記事