2022.01.19
# エンタメ

『RIZIN』『大豆田とわ子』『蓋』が残した爪痕…一億総発信時代における「文脈の作り方」

現代ビジネス編集部

「大豆田」エンディング誕生の経緯

ーー藤井さんの2021年、印象的なお仕事はいかがでしょう。

藤井:『水曜日のダウンタウン』でいうと、おぼん・こぼんシリーズ、あのちゃんの「『ラヴィット!』の女性ゲストを大喜利芸人軍団が遠隔操作すればレギュラーメンバーより笑い取れる説」、「クロちゃん部屋ごと無人島生活」、「落とし穴に落ちたのに一向にネタばらしが来ないまま日が暮れたら正気じゃいられない説」っていう感じですかね。

TaiTan:そして、ドラマ『大豆田とわ子と三人の元夫』のエンディングもあり。

藤井:あれはドラマの出来も素晴らしかったし、枠組みがおもしろかったですよね。

佐藤:ドラマ最高だったよ。

 

TaiTan:きっかけとしては、どういう相談がきたんですか?

藤井:エンディング曲をラップにしたいっていうのがドラマサイドにあって、僕ならラップに詳しくて、もちろんテレビのこともわかっているっていうところで、どういうふうに着地させたらいいですか、っていう。

TaiTan:各話でラッパーが変わるアイデアは藤井さんですか?

藤井:最初は出演者の役者さんたちが週替わりで自己紹介的なラップをするっていうアイデアをもらったんですけど、役者だけのラップだと楽曲としてのクオリティがちょっと不安だし、どのみちリリックを書いてラップの指導をするのは本職のラッパーになるので、それなら本職のほうも週替わりで参加してもらおう、っていう流れですね。最終的に、全体のバランスはラッパーのほうが中心で、役者のパートは少なくなりましたけど。

TaiTan:映像のルックが、ドラマのエンディングというよりMVだったじゃないですか。あれがかっこよかったですよね。

藤井:理想としては、ラッパーもドラマに少し出演して、リリックの内容もその役柄を踏まえつつ、本編からエンディングにシームレスに繋がってほしかったんですけど、なかなか物理面が厳しくて。でもそのアイデアがもとにあったからこそ、ああいうカメオ的な演出にはなりました。

佐藤:STUTSさんをブッキングしたのも藤井くん?

藤井:そうですね。せっかくならメインテーマ曲のサンプリングがいいと思って、サンプリングでビートを作れて、間違いない人は誰かなってなると、STUTSくんがいいだろうと。

TaiTan:ああいう見事な使われ方をすると、ラップの間口も広がりますよね。

関連記事