虐待を認識し、それを口にすることができる。それは、実は難しいことだ。
虐待の多くが「あなたのため」という呪縛のもと、暴力や暴言にさらされている。「成長させるためにこうした」「勉強をさせるために厳しくした」「しつけるために……」悲しい事件も後をたたない。
 
現在40代の若林奈緒音さんは、3人きょうだいの真ん中の長女として生まれた。しかし長男の兄、身体の弱い妹と違い、幼少期からずっとひとりだけ母の想いをぶつけらるサンドバッグのような存在になっていた。きょうだいの中でひとり母の暴力を受けていたのだ。現在もその手にはケロイドの跡が残っている。30代で結婚した相手のおかげで「自分のままでいいのだ」と考えることができるようになり、少しでも苦しむ人の参考になればと、実体験を公表することを決めた。その3回目の前編では、些細なきっかけでいじめが始まってしまったこと、それでも母親が支えてくれなかったことをお伝えした。後編では、そんな辛い中で唯一母の愛情を感じたときのエピソードをご紹介する。

-AD-

きょうだいでの母の態度の違い

 妹もバレーボールをさせられていたけれど、私よりかなり小さかったので、あまり期待されてはいなかった分、少しできただけで褒められた。とても社交的で難なくお友達ができ、その母親たちと母が仲良くなって、妹のお誕生会はたくさんお友達親子を呼んでうちでした。
 
うちでは、少なくとも私にとっては、誕生日は祝ってもらうものではなかった。生んでくれた母に感謝する日。親より先に死んではいけない。親がいなくても一人で生きていけるように強くなりなさい。大きくなったら親に恩返しをするものと言われ、母をねぎらう日だった。私は、誕生日くらいは、生まれてきてくれてありがとう、出会ってくれてありがとうと言ってもらいたかった。だからいっそう、素直にお祝いしてもらえるも妹がとても眩しかった。

妹はごく普通にお祝いをしてもらえた Photo by iStock

両親共に兄弟・姉妹が多かったので、毎年お年玉をたくさんもらった。母は、貰うと言うことは、お母さんたちもあげているといい、家に帰ると全て母に渡した。そして、子供の時から多くのお金を持つとろくなことはないからと、それぞれに銀行口座を作り、大人になって結婚する際の費用に貯めておくと言った。それでも、お年玉の中から年齢に合わせて5000円くらいはお正月の特別なお小遣いとして渡された。同じ兄弟でも使い方は全く違う。兄は欲しい漫画やCDをすぐに買った。妹はお菓子やサンリオのグッズに使ってしまっても、父に甘えて欲しいものを買ってもらえた。私はひっそり貯めておくタイプだった。その中から、母の日と自分の誕生日に、必ずカーネーションを一輪買って母に渡していた。
 
家は、父のおかげで有り難いことに生活が困っていたわけではない。誕生日やクリスマスは父から好きなものを与えてもらっていた。兄にはテレビゲームも新旧あったし、ゲームボーイや出始めたばかりの大きなパソコンもあった。父は、私と妹にテディベアの色違いを与えてくれた。私にはホワイトベア。妹にはブラウンベアで、小学生から家を出るまで一緒に寝ていた。新年には必ず母が選ぶ新しい服を着せられた。年子だからと色違いの服を着せられ、髪も同じように編み込みにされた。身長差があったため、すごく嫌だった。
 
何かを買うときは妹と一緒だった。漫画なら「りぼん」と「なかよし」。筆記具は「キティちゃん」と「キキララ」。兄が学習机を買ってもらったときは、あなたにはまだ早いし必要ないと言われたが、私の時には、どうせ来年買うのだから一緒にと妹も買ってもらえた。私になかったものを妹は持っていた。病気がちだった妹と違い、私が体調悪いとか、腹痛だと言っても、休みたいがための嘘だと叱られる。兄も小さな妹との方が仲は良く、妹に対してあまりいい気持ちを持てない時期もあった。