いよいよ放送開始!『鎌倉殿の13人』第1話を歴史学者はどう観たか

専門家による最速レビュー
俳優の小栗旬さんが主演を務めるNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』がいよいよスタート。そこで今回は『頼朝と義時』(講談社現代新書)の著者で日本中世史が専門の歴史家・呉座勇一氏に、昨日放送された第1回「大いなる小競り合い」について、専門家の視点から見たみどころや、今後予想される展開を解説してもらいました。

『鎌倉殿の13人』の第1話では、本作の主人公である北条義時が、伊豆の流人である源頼朝と出会うシーンが描かれた。頼朝の命が危ない、北条と伊東の戦が始まるかもしれないという緊迫した状況の中でも、周囲のわがままに義時が翻弄されるなど笑える箇所が多く、脚本の三谷幸喜氏の本領が発揮されている。ラストでのどんでん返しに驚かされた視聴者が多かったのではないだろうか。

義時と頼朝の邂逅については全く史料がなく、ドラマでの描写は完全なフィクションである。個人的には、史実の義時は頼朝にもう少し敬意を払ったと考えるが、あえてコメディ調にしたのだろう。「頼朝って、そんなに偉いの? 源氏の嫡流と言っても所詮は流人でしょ??」という視聴者の疑問を代弁する形で、まだ年若く知識が乏しい義時が失礼な発言をしているとも解釈できる。歴史学の観点から、第1話のポイントを解説する。

 

頼朝はどこで生活していた?

源頼朝の父である義朝は平治の乱で平清盛に敗れ、敗走中に家臣の裏切りによって殺された。頼朝も謀反人として捕らえられ、伊豆国に流されたことは良く知られている。しかし頼朝が伊豆のどこに住んでいたか、実ははっきりしない。

源頼朝(Photo by gettyimages)

『平治物語』や『平家物語』、真名(まな)本『曾我物語』などの物語によれば、頼朝は伊豆の「蛭嶋」「北条郡蛭小嶋」に流されたという。蛭ヶ小島(ひるがこじま)は北条氏の領地であり、流刑地が蛭ヶ小島だとすると、頼朝の監視役(世話役)は北条時政だったと考えられる。

しかし第1話でも描かれたように、真名本『曾我物語』や『源平闘諍録(げんぺいとうじょうろく)』によれば、頼朝は伊東祐親(すけちか)が上洛している間に、祐親の三女(八重)のもとに通い、男児をなして千鶴と名づけたという。伊豆に戻った祐親はこのことを知って激怒し、頼朝を討とうとする。祐親の息子の祐清(すけきよ)が頼朝にこのことを伝えたおかげで、頼朝は窮地を脱した。

ここで注目したいのは、真名本『曾我物語』に、頼朝が「伊藤の御所」「北の小御所」を脱出し、「北条の御所」に逃げ込んだ、という記述が見える点である(『源平闘諍録』も「伊東の館」から北条に移ったと記す)。これに従えば、頼朝は伊東祐親が用意した北の小御所で生活していたことになろう。

頼朝は最初から北条時政の世話になっていたわけではなく、祐親の監視(世話)を受けていた。そして祐親との関係が悪化した後、蛭ヶ小島に移った。伊東祐親が平家の家人であることを考慮すれば、上記の流れの方が自然であろう。『鎌倉殿の13人』はこの説を採用しているようである。

なお坂井孝一氏は、頼朝が伊豆に流された時期の伊東氏の当主は祐継(すけつぐ)であることから、当初は祐継が頼朝の監視役であり、祐継の死後、祐継の義弟である祐親が監視役を引き継いだと推測している(「源頼朝の流人時代に関する考察」『創価人間学論集』5、2012年)。拙著『頼朝と義時』は、坂井説を踏襲している。一方で、頼朝の流刑地はあくまで蛭ヶ小島で、最初から時政が面倒を見ていたという見解も存在する(川合康『源頼朝』ミネルヴァ書房、2021年)。

関連記事