2022.01.13
# ライフ

妻の入浴中に下着を嗅いで「浮気チェック」…36歳女性がドン引きした、年上夫のモラハラ行動

山本美咲さん(36歳・仮名、アルバイト)が10年前に“授かり婚”した相手は、典型的なモラハラ夫。異常なほどに美咲さんの浮気への警戒心が強く、「男友達の連絡先はすべてスマホから消去しろ」「男が来る同窓会には行ってはいけない」「バイト先での飲み会は参加禁止」など、妻の行動を細かく制限しているのは、【前編】『「そうまでして男の目を引きたいのか?」妻の浮気を執拗に疑う、年上モラハラ夫の「束縛ぶり」』で見た通りです。

耐えかねた美咲さんは、一度夫に黙ってアルバイト先の飲み会に参加しました。しかし夫は鋭い嗅覚で見抜き、激怒してますますモラハラぶりを悪化させていきます。

夫婦問題研究家である筆者が実際に相談を受けたケースを取り上げながら、モラハラに対してどのように向き合うべきか、考えていきましょう。

Photo by iStock
 

バイト先の店長との浮気を執拗に疑う

美咲さんは夫が仕事から帰ってくると、子どもの世話を彼にまかせ、近所のコンビニに働きに出ていました。バイト上がりの時間の1時間前になると、いつも子どもをつれて自転車で迎えに来る夫。それを知っている店長からは「優しいダンナさんでよかったね」「結婚10年たってもラブラブなんてうらやましい」といわれるものの、そのたびに美咲さんの心のなかでは冷たい風が吹いていました。

「夫はいつも私のことが心配だから迎えに来ているわけではなく、私が男性客や店長と楽しそうに振る舞っていないかをチェックしているんです。男性と事務的な会話をしていただけで、『今日は店長とやたらベタベタしていたな』『アイツ、お前に絶対気があるぞ』と嫌味を言われたことも何度もありました」

SPONSORED