2022年は、沖縄返還50周年。返還直前の沖縄に生きる人々の複雑な思いが爆発したコザ騒動(*註1)を背景に、戦後沖縄の縮図のようなバーでの一夜を描く舞台「hana-1970、コザが燃えた日-」が1月9日から東京芸術劇場プレイハウスで上演される。

兄弟役を演じる松山ケンイチさんと岡山天音さんの対談が実現したのは、舞台の稽古が始まってしばらく経った、12月中旬のことだった。対談前編では、松山さんと岡山さんが沖縄に取材に行った時のことを伺った。後編では兄弟役を演じるおふたりに「家族」と「沖縄」について深く語っていただく。

注釈:コザ騒動〜1970年12月20日未明、アメリカ施政権下の沖縄のコザ市(現在の沖縄市)で発生したアメリカ軍車両および施設に対する焼き討ち事件。アメリカ軍人が沖縄人を轢いた交通事故が事件の引き金だが、騒動になった背景には、アメリカ施政権下での圧制や人権侵害に対する沖縄人の不満があったとされる。
-AD-

いいことと悪いことが同居している戯曲です(岡山)

演出の栗山民也さんは、20年ほど前に沖縄のプロデューサーの依頼で、沖縄出身のキャストによる沖縄を題材にした舞台を手がけた。それがきっかけで、毎年、沖縄の若者たちと演劇教室が企画されるようになり、「何割かの生活は沖縄と一緒になった」と語っている。毎年、沖縄を訪れるたびに、「沖縄は変わったのか」と問い続け、沖縄返還50周年のタイミングで、沖縄の友人の元に送る、沖縄の光と影を描いた作品を作ることになった。栗山さんの手がける舞台は、必ずと言っていいほど、日常生活の中で人々が見て見ぬふりをしている“何か”を炙り出す。心のどこかがヒリヒリするけれど、それこそが、人間にとっての“生きている実感”なのかもしれない。

「hana」が掲げるもう一つのテーマは“家族”であるが、松山さんは、余貴美子さん演じる「おかあ」の姿に、学ぶところが多いと話す。

松山 おかあと、僕が演じるハルオ、岡山くんが演じるアキオに血のつながりはありませんが、妹のナナコはおかあの実の娘です。
生まれた瞬間から知っていて、自分で名前をつけた子供と、どこの誰だかもわからない子供を、一緒に育てたおかあはすごい。
子供たちの中にある鬱屈も、おかあは笑って、全部流してくれる。それを自分に置き換えると、子供や家族に対してそうありたいと思うものの、実際にそこまでの度量はないわけです。疲れたら「疲れた」と、子供より先に寝たいときは「寝る!」って言ってしまう(笑)。
どう生きたらおかあのようになれるのかとは考えました。

でも、そうなるまでにおかあもたくさん傷ついてきただろうし、子供の鬱屈なんて笑うしかなかったのかもしれない。
実際の僕らは、おかあやアキオやハルオ、おかあのヒモのジラースーよりも恵まれた環境に生きています。今の日本は、1970年の沖縄よりもずっと平和で、ゆとりがある。
それなのにすぐ家族に対して、「疲れた!」とか「放っておいて!」みたいなことを言っちゃうわけでしょう?

撮影/篠塚ようこ
松山ケンイチ(まつやま・けんいち)
1985年生まれ。青森県出身。2002年俳優デビュー。05年「男たちの大和/YAMATO」で一躍注目を集め、「デスノート」シリーズでブレイク。12年にはNHK大河ドラマ「平清盛」で主演、16年には「聖の青春」で日本アカデミー賞優秀主演男優賞、ブルーリボン賞主演男優賞を受賞。近年の出演作には映画「ブレイブ–群青戦記–」「BLUE/ブルー」、ドラマ「日本沈没-希望のひと-」など。公開待機作に「ノイズ」「大河への道」「川っぺりムコリッタ」がある。舞台出演は、「遠い夏のゴッホ」、劇団☆新感線「蒼の乱」「髑髏城の七人〜season風~」に続き4本目。

岡山 僕が演じるアキオも、ハルオに対して、「おかあのことをもっと考えろ!」とか言ってるけど、実際は、何に怒っているかも本人も底の底の部分ではわかってないと思うんですね。ハルオが謝っても、何も変わんないんじゃないかと思うし。でも、この戯曲の全てがそうなんですが、いいことも、悪いことも、常にいろんなものが同居しているんです。だから、誰が正しくて誰が間違っているとか言えない。いろんなものが常に内在しているのが家族って言い方もできるけど、あ〜やばい! 喋りながら何喋っているかわからなくなる(笑)。

アキオを演じながら思うのは、昔からハルオと仲が悪かったとおかあから言われるけど、兄貴に食ってかかるのは、アキオがまだ何も見つけられていないせいなのかなってことです。演じながら僕もアキオも、自分たちの寄る方(よるべ)というか、確固たる足場みたいなものを見つけていけたらと思いますね。

撮影/篠塚ようこ
岡山天音(おかやま・あまね)
1994年生まれ。東京都出身。2009年「中学生日記シリーズ・転校生(1)〜少年は天の音を聴く〜」で、俳優デビュー。17年、NHK連続テレビ小説「ひよっこ」に出演。個性的な風貌で強い印象を残す。同年、主演映画「ポエトリーエンジェル」で高崎映画祭最優秀新人男優賞受賞。昨年は、「グラップラー刃牙はBLではないかと考え続けた乙女の記録ッッ」、オダギリジョーが監督を務めた「オリバーな犬、(Gosh!!)このヤロウ」、「No  Activity/本日も異常なし」、年末の話題をさらった「最愛」など、注目のドラマに多数出演した。公開待機作に映画「笑いのカイブツ」がある。