松田聖子・神田正輝に「今のお気持ちは?」、“無配慮声かけ”をしたテレビ局のウラ事情

「芸能デスク」という存在

昨年12月にホテル高層階からの転落で急逝した女優・神田沙也加さんの葬儀では、両親である神田正輝と松田聖子に、一部マスコミから「いまのお気持ちは?」との質問が飛び、ネット上では「無神経だ」などと批判が殺到。ワイドショーなどの番組でも、出演者から「配慮に欠けている」との意見が多数あった。

声をかけたのは、あるテレビ局のディレクターだったことが分かっているが、後でわかったのは、実は同局の芸能担当人事の影響があったようなのだ。この局では最近、芸能取材の責任者だった芸能デスクが、担当を退いていた。

「もし元デスクが担当をしていたら、スタッフにあんな声は絶対に飛ばさせなかったですよ。今回の記者会見を仕切ったのはその方だったはずですし、大物タレントへの配慮を最大限する人ですから」と同局の情報番組スタッフ。

〔PHOTO〕Gettyimages
 

テレビ局の「芸能デスク」というのは、日頃、芸能ニュースを選別し、取り扱いを決める役割を担っている。週刊誌で大きなゴシップが出ても、デスクが「ウチはこれはやらない」と伝えれば、基本的にその局の各番組ではそのニュースを扱わないことになる。取り扱いにゴーサインを出す場合も、「ここに配慮するように」という注釈を付けて伝える。

大きな話になると、各局のデスク同士が連絡を取り合い、談合的に方針を統一させることもある。そして、一部ベテランの有能デスクになると、芸能イベントの仕切りまでやっているのだ。

関連記事