評定4を5に上げる方法は?

その他、アンケートのコメントで多かったのは「評定3の幅は広いと思うので、どうすれば4や5に上がるのか知りたい」、「4から5に上げる方法が分からない」、「テストの点数が良く、提出物も出しているのに、5がもらえないのが謎」というもの。みんな、評定の数字を一つでも多く上げたいと思っているだけに悩みは深い。

松田さんは「自分の担当する生徒たちには、できれば親が同席している三者面談のときに、『自分の評定は4なんですが、どうしたら5になりますか?』と、教師にアドバイスしてもらうよう勧めています」と言う。

Photo by iStock
-AD-

「例えば、定期テストで90点以上取って、提出物もちゃんとしていたら、5がつくこともありますね。そこで4の場合は、やはり何かしらの問題があると思うので、教師にアドバイスを受けるとよいと思います。親が『なんで5じゃないのか?』という聞くよりも、生徒本人が『どうすればよいですか?』と、具体的な改善策を教師に尋ねるのがよいでしょう。いわゆる主体性というか、やる気を見せることにもつながります。『こうしたらいいよ』と言ってもらえたら、それを実現すればいいと思います。

ただし、年間に1回ぐらいにするよう伝えています。何回も聞くのは、明らかにおかしいですからね(笑)。都立の場合、それは中3の1学期です。1学期にアドバイスを受けた内容を、夏休み・2学期で実現して、入試に使われる2学期の内申で成果を出すのです」