【花森ぴんく×中田あすみ】特別トーク!大人気少女マンガ「ぴちぴちピッチ」のヒミツ、お話しします

現代ビジネス少女マンガ部 プロフィール

るちあからたくさんのことを勉強させてもらった

──花森先生は、アニメからご自身の創作にインスパイアされたことなどはありましたか?

花森:端々にあるとは思いますが、特に歌についてはありますね。アニメのなかで歌われる曲がすごく良くて。メロディーもですが、とにかく歌詞がいいなと思ったので、ぜひ漫画にも取り入れさせていただきたいとお願いして、最終回のところなどに入れています。

──原作ファンの方たちは特に「アニメで歌のシーンがどんなふうになるんだろう?」と気になっていたと思いますが、中田さんは歌のシーンをどんな気持ちで臨んでいましたか?

中田:曲数がかなりあったので、頻繁にレコーディングをしていたんです。新しい曲がくるたびに「わ、やった! 新しい曲だ!」と、いち視聴者のように楽しみにしていました。「今度はテンポの激しい曲なんだ」とか「今度は可愛らしい曲調なんだ」とかって、一番最初に知ることができるファンだったかもしれません。

 

──るちあとして歌わないといけないので、最初は難しかったと思いますが。

中田:最初は本当に申し訳ないくらい、自分のことでいっぱいいっぱいだったので……るちあというよりは、中田あすみが歌っている感じでした。そこから徐々に「これはキャラソンなんだ」という意識が芽生えてきて、声の出し方や歌い方を気にするようになっていったと思います。

地声はそんなに高くないんですが、るちあとして歌うときはちょっと可愛らしく、声を高くしてみたり。特に後半は、そういった小さな工夫を自分なりにやっていたので……当時は自分でもそんなに気づかなかったけれど、いま客観的に聞いてみると「あ、やっぱり歌い方が変わってるな。るちあに勉強させてもらったな」とすごく思います。

関連記事

おすすめの記事