【花森ぴんく×中田あすみ】特別トーク!大人気少女マンガ「ぴちぴちピッチ」のヒミツ、お話しします

少女漫画雑誌『なかよし』にて、2002年9月号から2005年4月号まで連載された『ぴちぴちピッチ』(漫画/花森ぴんく、シナリオ/横手美智子)。人魚姫伝説をモチーフに主人公・七海るちあと堂本海斗の恋愛を描きながらも、歌を武器に敵と戦うマーメイドたちが大活躍する“美少女戦隊”要素も含んだ同作に夢中になった人も多いだろう。

そんな『ぴちぴちピッチ』が、2021年8月より再び『なかよし』で連載を開始した。新章となる『マーメイドメロディー ぴちぴちピッチ aqua』で描かれるのは、るちあと海斗との娘・七海るきあの物語。

前作のファンだけでなく、現代の子どもたちにも「可愛い!」と大人気の『ぴちぴちピッチ』シリーズについて、作者の花森ぴんくさんとTVアニメ版でるちあを演じた声優・中田あすみさんが魅力を語り尽くす。

『ぴちぴちピッチ』新装版第1巻 (c)花森ぴんく・横手美智子/講談社
『マーメイドメロディー ぴちぴちピッチ aqua』(c)花森ぴんく/講談社

連載スタートから20年を経て

──2002年から2005年にかけて連載されていた『ぴちぴちピッチ』ですが、このたび16年ぶりの新章『ぴちぴちピッチaqua』がスタートしました。きっかけは何だったのでしょうか?

花森:『なかよし』編集部からお話をいただいたので、きっかけについての説明は担当編集さんのほうが上手かもしれません(笑)。

担当編集:この数年で“『ぴっち』熱”が再燃している感じが、編集部にも伝わってきていました。2019年に中田さんをはじめ、アニメ『マーメイドメロディー ぴちぴちピッチ』のメンバーが集まって非公式で行った15周年ライブ(非営利のチャリティーイベント)も盛況だったとのことで。

中田:そうなんです。『ぴちぴちピッチ』の名前を出さずにやらせていただきましたが、それでもチケットが完売するという現象が起きたので、改めて「『ぴっち』ってすごいな」と思いました。

 

担当編集:『ぴっち』関連のグッズの販売状況もすごく良かったので、「大人になった『ぴっち』ファンの方たちが求めているものがあるんじゃないか」と思い、花森先生に「新章をやりませんか?」と提案したんです。

花森:新章の内容については、いくつかの案がありました。るちあと海斗の子どもを主人公にするパターンか、あるいは、るちあのその後を描いたものにするか。それとも全然違う世界線の『ぴっち』を描くか……いろいろと案を出して考えた結果、るちあと海斗の子ども・るきあの物語になりました。

(c)花森ぴんく/講談社

関連記事

おすすめの記事