2022.01.17
# ADspecial

「古い」「友人を呼べない」から一転――“社宅”のイメージが変わりつつあるのをご存知ですか?

必要なのは「社員目線」

しかし、職務に応じて適切な人材を雇用するジョブ型雇用を導入する企業が増えているように、社宅においても今は多様性が重視されていると福澤さんはいう。

「従来の社宅は大きく『社有社宅』と『借り上げ社宅』の2種類あり、かつては企業が保有する住宅を社員に貸す社有社宅が主流でした。独身寮もその一つです。これがバブル崩壊後、経営システムの変化に呼応するように、物件オーナーから借りた賃貸住居を社員に貸し出す借り上げ社宅が増えました。借り上げであれば社員の家族構成や用途、予算を踏まえながら様々なタイプの部屋を用意することができます」

ただ、借り上げ住宅も選択肢が増えるだけで、企業から一方的に住居を与えられるという点では社有社宅と同じ。その物件には「企業目線」ばかりで「社員目線」が欠けていると福澤さんはいう。そこで三優エステートでは社員目線を大切に、個人の働き方やライフスタイルに合わせた社宅を提供する「社宅2.0」をスタートさせた。

「企業が所有あるいはすでに借りている物件を社員に貸す従来の社宅に対し、社宅2.0は転貸借を利用して希望や条件に沿った物件を探し、提供するサービスです。例えば勤務地から遠くても自然に囲まれた場所がいいとか、逆に近くて広ければ築年数は古くてもいいとか、住まいに対する価値観は人それぞれ。単純な住まいの提供ではなく、社員の希望を受け、満足度を高める住環境を整備するのが私たちの務めです」

転貸借とは、賃借人が物件オーナーから借りた部屋を、第三者に転貸するというもの。つまり、三優エステートが賃借人となって、第三者である企業の希望に合わせた部屋をオーナーから借り、オーナーの承諾を得たうえでまた貸しする。企業は社員から聞いた要望を三優エステートに伝えることで、社員に寄り添った社宅の提供が可能となるのだ。

そして社員は満足度の高い住環境が得られた結果、仕事に対して前向きで充実した気持ち、つまりワーク・エンゲージメントが向上して生産性が高まるのだという。実際、三優エステートでも社宅2.0を自社の社員に取り入れたところ、社内の仕事効率が向上した。

photo by iStock

「経理の独身社員が犬を飼いたいからとペット可の物件を希望しました。一般的にペット可の社宅は非常に少ないのですが、社宅2.0なら可能です。ペット可の社宅に住み始めた社員は、犬との時間を大切にするために仕事に対する集中力や効率が上がり、以前より短い時間で多くの業務をこなすようになりました。何より、毎日が充実しているからか表情がより明るくなったことが印象的です」