グラハム子さんは育児マンガやエッセイマンガを様々な媒体で連載し、Instagramは10.9万人フォロワーを持つ2児の母。最新刊『困った姑・夫を浄化する!? 美淑女戦隊オバサンジャー』(KADOKAWA)は、子育て中の母のお悩みをオバサンジャーという美淑女戦隊(!?)がコミカルに解決してくれるという奇想天外なストーリーです。

その根本にある悩みはリアルなものばかりで、多くの親からの共感を集めています。今回は、自分の好きなことばかりして、育児を手伝ってくれない夫に不満を持つ妻の話。お互いに歩み寄る大切さに気づかせてくれるオバサンジャーたちの活躍を、ぜひ記事末のマンガ無料試し読みでご覧ください。

自分たちの体調を考える

マンガ『困った姑・夫を浄化する!? 美淑女戦隊オバサンジャー』(KADOKAWA)第6話【〜アマチュア無線で遠隔攻撃よ!〜】で描いたテーマは大きく2つあります。

1つ目は「心身の健康が何よりも大切」ということ。

2つ目は「家は家族全員が心地よく過ごせる場所であれ」ということです。

第6話では、夫が妻の用意したお昼ご飯に文句を言ったある夫婦のもとにオバサンジャーたちが出動することになります。ですが、前日までの戦い疲れもあり、メンバーのひとりの体調が万全ではありませんでした。

オバサンジャーたちの変身シーン。『困った姑・夫を浄化する!?美淑女戦隊オバサンジャー 』(KADOKAWA)第1話より。漫画/グラハム子
-AD-

そこでとった手段がアマチュア無線を使った遠隔攻撃です。これは敵の脳内に直接語りかけることができるという攻撃手段。普段なら身体を張って戦うオバサンジャーですが、この日は自分達の体調を考えて身体を使わない方法を選択しました。

これは現実世界にも必要なことだと私は考えています。