2022.01.17
# エンタメ

東大クイズ王・伊沢拓司、「“勉強が大好きじゃない”僕が『学びの楽しさ』にハマったワケ」

YouTube・テレビ・ラジオと各メディアに引っ張りだこ、破竹の勢いでお茶の間の新しい“顔”となっている伊沢拓司氏。その知的かつ明るい人柄は老若男女を問わず魅了し、伊沢氏に憧れて東大を志す受験生も多い。

今回伊沢氏率いるQuizKnockから、小中高生とその親を対象に『QuizKnock式!! 大人もビックリ★新常識クイズBOOK』が発売された。

「楽しいから始まる学び」をモットーとし、「クイズ」という遊びを通して学ぶ楽しさを世間に伝えたいと言う伊沢氏だが、幼いころはどのような子供だったのか、そして、いつ「学びの楽しさ」に気づいたのか、インタビューで迫った。

伊沢拓司氏/撮影 矢野雅之
【プロフィール】
伊沢拓司(いざわ・たくし)
1994年生まれ。クイズプレーヤー、(株)QuizKnock CEO。東京大学経済学部卒。
高校時代に「全国高等学校クイズ選手権」で史上初の個人2連覇を達成。2016年、東京大学在学中にwebメディア「QuizKnock」を立ち上げ編集長を務める。数々のテレビ番組に出演するほか、登録者170万人(※2021年12月時点)を超える同YouTubeチャンネルの企画・出演も行う。

勉強が大好きだったことはない

――すでにご存知の方も多いと思いますが、自己紹介をお願いできますか。

伊沢拓司氏(以下、敬称略):QuizKnock CEOの伊沢です。「楽しいから始まる学び」を作るための活動をしています。タレント活動などもしていますが、基本はQuizKnockに注目を集めるためですね。

――QuizKnockのスローガンとして掲げられている「“楽しい”から始まる学び」ですが、伊沢さんご自身が、「学ぶことは楽しい」と気づいたのはいつでしたか?

伊沢:実は生まれてこの方、ずっと勉強のことを大好きであったことはないです。ただ、勉強の楽しい部分、ハマれる部分については長らく知っているし、お付き合いしてきたつもりですね。

小学1年生の時、学習マンガで織田信長の生涯を知り、偉人の物語に魅せられて伝記を読み漁ったのが最初の「学ぶことが楽しい」体験だったと思います。とはいえ、当時は家にマンガ自体がなかったので、勉強をしていると言うよりはマンガを読んでいるということがメインでした。

 

――もっと小さいころはどんな子供でしたか?

伊沢:保育園のときは、電車についてたくさん知ろうとしていたみたいです。ビデオを見ていることの多い子供だったので、次々と新しい情報に触れたがっていたようで。そうした体験があったので、勉強自体を強烈に嫌いになるようなことはなく、周りの先生方が上手に教えてくださったこともあって、抵抗感薄めで育ちました。もちろん、遊びか勉強かなら遊びを取るわけですが。

関連記事