2022.01.08
# 世界経済

2022年、世界の危機を展望すると、日本以外全部沈没なのか?

長い目で見れば1人負けから1人勝ちに
大原 浩 プロフィール

日本の独自性が優位に働く

オールドメディアなどは、日本の独自性を「ガラパゴス」などと揶揄する。しかし、そのガラパゴスと揶揄される日本の独自性こそが、日本の1400年の歴史を紡いできたのだ。

島国ということもあるが、独自の高度文化を暗黙知で継承してきたことが日本の強みである。

日本の文化は「暗黙知」が基本だから、「暗黙知」が理解できない人々には「何が何だかさっぱりわからない」ということになる。だから彼らは批判ばかりする。

特に、日本をガラパゴスと揶揄する人々は、暗黙知が理解できないだけではなく、「海外のことを知らない田舎者」である場合が非常に多い。彼らこそが「ガラパゴス」なのだ。

例えば、北朝鮮に招待されて平壌の街並みを歩いたとしよう。張りぼてだが立派な外見を観て、「北朝鮮は素晴らしい近代国家だ!」とほめそやしたら笑いものになるだろう。

同じように、オールドメディアの常套句である「『諸外国』に比べて日本は……」の「諸外国」は、張りぼての平壌の街並みと同じである。彼らは海外の本当の姿を知らない(あるいは意図的に隠ぺいしている)から、ビルの裏側から写真は撮らずに、真正面のベストアングルのショットを撮影し、それと比べて「『諸外国』に比べて日本は……」という記事を書くわけである。

 

もちろん、日本は「反省し過ぎ」と思うくらい自分に厳しく切磋琢磨するから1400年も続いてきたのだが、オールドメディアのプロパガンダ(無知)に騙されて、誤った方向に向かうのは避けるべきである。

オールドメディアなどがガラパゴスと揶揄するものこそ、日本の「独自性」であり、これからの時代に「1人勝ち」していくための最大の武器なのだ。

関連記事