2022.01.08
# 世界経済

2022年、世界の危機を展望すると、日本以外全部沈没なのか?

長い目で見れば1人負けから1人勝ちに
大原 浩 プロフィール

「1人負け」が「1人勝ち」に

だが、その「1人負け」が「1人勝ち」になると私は見ている。前記「韓国は日本を追い抜く前に朝鮮半島ごと沈没してしまいませんか?」の2ページ目「『転換点』が大事」で机上のクウロニスト(机上の空論を述べる人)は、過去の延長が未来につながる時には調子が良くても、「転換点」で大きく予想が外れる事情について述べたが、今まさにそれが起こっているのである。

なぜ「日本以外全部沈没」になるのかは、昨年2月28日公開「1400年の歴史、世界最古の会社が日本に存在している…!」が端的に示している。

日本はローマ帝国や米国のように世界の覇者になったことはないが、どのような国も達成できない1400年の歴史を持っている。

巷で「中国4000年の歴史」というが、これはプロパガンダと言ってよい。例えば、元時代の中国はモンゴルの植民地の一つであったし、清朝など大多数を占める漢民族ではない「異民族」に長年支配されてきたのが中国の歴史である。それぞれの王朝(政権)同士のつながりはほぼ無い。特に、中国共産党政権は過去の歴史を全否定して成立したから、まったくの「新参帝国」である。

 

例えば、ファラオが支配していた古代エジプトと現在のイスラム国家を結び付ける人々は少ないと思うが、現在のエジプト人は古代エジプト人の末裔である。中国大陸についても同じことが言えるのだ。

関連記事