2022年中の完全解消は困難!世界を悩ませる「半導体不足」の正体

なぜ起こったのか? どう対処するか?

すぐには解消しない

2021年、新型コロナウイルスとともに世界を覆ったのが「半導体不足」だ。

IT機器はもちろん、自動車から湯沸かし器にいたるまで、さまざまな機器が半導体の不足によって生産に支障が出て、品不足や操業停止に陥った。

2022年に入っても、各所の状況を見るかぎり、残念ながらすぐに解消……というわけにはいかない雲行きだ。

半導体はなぜ、これほど不足したのか? 「半導体不足」とは、いったいどのような状況なのか? それを解説してみたい。

なぜ起きたのか?

基本的な点から始めよう。──そもそも、半導体不足はなぜ始まったのか?

多くの人は、「コロナ禍におけるIT機器の需要増加が原因」と考えているかもしれない。だが、話はそれほど単純ではない。

半導体不足そのものの始まりは、アメリカ大統領がまだドナルド・トランプ氏だった当時に遡(さかのぼ)る。アメリカはその頃から、中国に対する経済的な対立姿勢を鮮明にしはじめた。

2019年以降、まずは中国企業・ファーウェイに対する締めつけを強化した。結果としてファーウェイは、スマホ市場における優位な立場を失っていくのだが、同社は製造のために、グローバル市場での半導体調達を強化する。同時期に、中国企業に向けた半導体調達に制約がかかることになり、そのしわ寄せは台湾企業に向かうこととなった。

半導体不足の始まりは、トランプ大統領時代、アメリカが中国に対する経済的な対立姿勢を鮮明にしはじめたころに遡る photo by gettyimages

このことだけなら、半導体不足は今ほど深刻なものにはならなかったかもしれない。

だが、複数の不幸がそこに重なった。

関連記事