2022.01.13

日本経済を「どん底不況」に陥れる「岸田ノミクス」の危ない真相

「新しい資本主義」の怖さをご存じか

岸田首相「新しい資本主義」で日本は構造不況へ

岸田文雄首相の「新しい資本主義」はのっけから不評を買っていますが、この政策を続けると日本は深刻な構造不況に陥ることを、誰も指摘していません。

首相は「賃金が上がれば、経済が成長する」という考え方に基づいて、賃上げに取り組む企業への優遇税制を強化する方針です。たしかに物事の本質からすれば、「賃金が上がる」ことによって「経済が成長する」という道筋は、この行程だけを切り取ってみると正しいといえます。

しかし、この考え方の最大の誤りは、その前段となる重要な行程について無視してしまっていることです。

自民党総裁選からの「公約」だが、当初からその効果は疑問視されていた Photo/gettyimages
 

すなわち、「生産性を上げる → 賃金が上がる → 経済が成長する」という行程が正しい道筋であり、第一に「生産性を上げる」という政策が実行できなければ、賃上げは大企業にしか広がらず、経済が持続的に成長することもできないのです。

関連記事

おすすめの記事