毒義母とモラハラ夫に悩まされていたmaronさん。日々のストレスを吐き出すために始めたTwitter(@maron99668508)が大きな反響を呼び、いまやフォロワーは約20.5万人(2021年12月時点)にまで到達。特につらかったのが、親戚一同が集まり奴隷のように働かされるお正月だったと語ります。過去のありえないお正月のエピソードを綴った前編【正月、お年玉の用意は嫁の仕事…「親戚に一万円ずつ用意して」義母から仰天の命令】に続き、後編ではようやく離婚に向けて動き出すことができた2021年を振り返っていただきました。

俺はお前と離婚したくなった

高校一年生と4歳、年の差姉妹を育てているアラフォー主婦の私は、旦那の両親と二世帯住宅を建てて暮らしています。その実態は夢に描いた仲良し三世帯同居には程遠く、旦那の浪費癖と経済的DVにより苦行さながらの毎日です。

さらに義母が長男である旦那を溺愛、ことあるごとに「あなたが悪いから息子が出世できない」「あなたのせいで息子が風邪をひいた」など謎の責任転嫁をされる始末。こんな状態で約6年間暮らしましたが、ついに限界に達しました。小さなことから口論となり今年(2021年)の3月、旦那が同居している義母サイドの部屋へ出ていきました。

Photo by iStock
-AD-

実は旦那が義母宅へ家出する数ヶ月前から、奇妙なことが起こり始めました。旦那名義の通帳や印鑑が引き出しから消えたり、仕事で着るスーツが少しずつ義母宅へ移動されていたり……。

私は旦那の仕業だと薄々気づいていましたが、彼のプチ家出は何度か経験していたので、「またか」くらいにしか思っていませんでした。ところがある日、見慣れない書類が私宛に届きます。

それは内容証明という書類でした。「オレはお前と離婚したくなってきた」衝撃的な書き出しで始まった内容証明は、離婚したい原因が長々と書かれていました。