妻が仕事を辞めたら収入が……

雪穂の職場での出来事や、退職について悩んでいることを心配しつつも、突然一馬力になる可能性が浮上したことで不安感がぬぐい切れなくなった和樹。しかも今の職場の上司はパワハラ気質で妊娠・出産に理解のない会社。子どもが生まれてからも環境が良くなるとは思えません。

-AD-

不安を抱えるのは当然のように思いますが、このエピソードをインスタグラムに投稿した際、コメント欄では和樹に対する批判と擁護する意見が真っ二つに分かれた印象を受けました。

批判的な意見としては「子供が産まれる前に、自分一人で養う可能性を想定しておけ」というもの、擁護する意見としては「残業しないだけでボーナスカットという劣悪な会社の環境なら不安を抱えて当然では?」というもの。

どちらの意見も賛同できるところはありましたが、まず妊娠・出産を機に仕事をどうするか、お金のやりくりの相談などを含めた夫婦間のコミュニケーションが圧倒的に不足していたように感じます。それぞれが自分のなかで考えているのでは何も解決しないし、余計複雑に絡まってしまうだけなんですよね。

ライフスタイルが大きく変わるタイミングだからこそ、現実的な「お金」「仕事」などのことは夫婦間で事前に話し合っておく必要があったように思います。

憔悴した雪穂を目の当たりにしたことで、雪穂が仕事を辞める可能性を考え始めた和樹。「お金」という現実的な不安がまとわりつくようになりました。今までは共働きであることを前提に考えていた分、楽観的に考えていたましたが…今後どのような選択をしていくのでしょうか。次回へ続きます。

漫画/ちなきち