人間の不恰好で不器用なところが魅力的に思える

「ホームドラマといえば、私が子供の頃は、『パパはニュースキャスター』とか『オヤジぃ』とか、田村正和さんがお父さん役で、娘に振り回される話が多かった印象があります。私も家族でよく観ていましたし、大好きでした。ホームドラマって、家族のドタバタ劇が魅力なんですが、今回の『おいハンサム!!』も、人間の不恰好で不器用なところが魅力的に思えるような作品になると思います。一定の年代以上の方なら、懐かしさを感じていただけるようなものになるとも思います。」

撮影/山本倫子

吉田さん演じる源太郎は、MEGUMIさん演じる妻の千鶴と、東京の一軒家に住んでいる。3人の娘はそれぞれ独立して立派に暮らしているはずだったが、木南さん演じる長女の由香は、独身で不倫に走りがちな傾向にある、という設定だ。

「台本を読むたびに由香の印象が変わるんです。長女ということもあって、家族といる時と、家族じゃない人たちといる時では、性格が違うような感じがします。監督の話では、『由香ちゃんはモテるタイプだし、仕事もできるし、おしゃれもする。なかなかできた女性で、家族の前でもサバサバしてるけど、男の人を選ぶ時だけセンスがない』って説明されました(笑)。2話では、結構過激な行動に出たりもするので、『そんな面もあるの?』と。お父さんに向かって暴言を吐いたりもしますし、普段理性的な人ほどキレると怖いという典型かもしれません(笑)」

(c)東海テレビ/日本映画放送