『鬼滅の刃』『イカゲーム』も早送り…大学生が「倍速視聴」をする理由

早送りする大学生たち 前編

民間調査では「20代の半数近く」が倍速視聴経験者

映画やドラマなどの動画を初見で「倍速視聴」「10秒飛ばし」する習慣が広がっている。倍速視聴とは動画を1.5倍速、2倍速といった早送りで観ること。10秒飛ばしとは、冗長なシーンを文字通り飛ばす目的で10秒後にスキップすること。いずれも時短視聴ニーズを叶えるもので、各種の定額制動画配信サービスほか、YouTubeやABEMAといった無料動画配信メディアの多くにも実装されている機能だ。

筆者は2021年3月、「『映画を早送りで観る人たち』の出現が示す、恐ろしい未来」という記事を執筆し、倍速視聴と10秒飛ばしの背景として、【1】配信サービスの出現によって安価に観られる作品が増えたこと【2】コスパ(コストパフォーマンス)を求める人が増えたこと【3】セリフですべてを説明する映像作品が増えたこと――の3点を挙げた。同記事には大きな反響があったため、その後6本の深掘り記事を執筆。肯定派・容認派・反対派にそれぞれによる活発な議論を喚起した。

倍速視聴と10秒飛ばしは年齢が若ければ若いほど習慣化されている。マーケティング・リサーチ会社のクロス・マーケティングが2021年3月に発表した「動画の倍速視聴に関する調査」によれば、20代から60代の男女全体で倍速視聴の経験がある人は34.4%、その中では20代男性が最も多く54.5%、次に多かったのは20代女性の43.3%。20代全体では、49.1%が倍速視聴経験者だった。

若者はなぜ、倍速視聴と10秒飛ばしを行うのか。その理由を探るべく、筆者は2021年12月、青山学院大学に在籍する2年生から4年生を対象にアンケートを実施した(※)。本記事ではその集計結果と彼らの視聴実態をリポートする。

※筆者注:2021年12月2日、筆者がゲスト講師を務めた青山学院大学での授業「多様化するメディア」(担当:久保田進彦教授)の受講者(2〜4年生)を対象にアンケートを実施。有効回答数は128。記事中のコメントは受講者が授業後に提出したミニレポートより抜粋。個人情報保護のため、言い回しに多少の変更を加えている。
 

青学生の「9割近く」が倍速視聴経験者

アンケートの結果によると、倍速視聴を「よくする」「ときどきする」は66.5%、3人に2人は普段から動画を早送りで観ている。「あまりしない」も含めれば87.6%、実に9割近くが倍速視聴経験者だ。

先のクロス・マーケティングの調査では「20代全体の49.1%が倍速視聴経験者」だったので、それよりもかなり高い。青学のアンケート回答者(2〜4年生)はおおむね20歳前後、つまり「20代全体」の下限なので、「年齢が若いほど倍速視聴経験率が高い」傾向はありそうだ

関連記事

おすすめの記事