主にインスタグラムで「結局怖いのは人間だよね」というテーマで漫画を描き、53.8万人(2021年12月現在)のフォロワーがいる、ちなきちさん。今までは主にご自身の実体験を中心に漫画を作成していたそうですが、多くの方から「私もこんな怖い体験をしました!」「ぜひエピソードを漫画化してほしい!」という意見があり、現在はエピソードを公募し、漫画化したものを投稿しています。

その中でも反響を呼んでいるのが、子どもを連れて出て行った妻と、原因に全く心当たりがない夫の夫婦のすれ違いを描いた作品『僕と帰ってこない妻』。インスタグラムに投稿するたびに多くのコメントが寄せられています。

妊娠しない方が幸せだった?

ごくごく普通の夫婦に起きたすれ違いを描いた漫画『僕と帰ってこない妻』。主人公の和樹は「家族サービス」をしっかりするという自称イクメン夫。誰もが羨む円満な夫婦関係だったはずなのに、ある日突然「書置き」を残して妻と子供が出ていってしまいます。思えば雪穂と和樹の関係性に変化があったのは、雪穂の妊娠が判明したときからでした。

妊娠発覚当初の明るく前向きな生活は続かず、雪穂のつわりが始まったことで二人の生活が一変します。雪穂はつわりで辛い状況の中、更に「切迫流産」と診断されたことで、会社での立場が悪くなり情緒不安定になってしまいます。慰めようとする和樹に対しても強く当たってしまい、さらに自己嫌悪に……。

そんな姿に和樹は何と声を掛ければよいのか分からず部屋を後にします。そして、涙を流す雪穂の姿を思い出して「子供が出来ない方が幸せだったのだろうか」と悩んでしまうのでした。

『僕と帰ってこない妻』#11より。漫画/ちなきち
-AD-

このエピソードには、つわりに耐えて仕事をしながらも切迫流産になってしまい涙を流す雪穂への共感コメントを多数いただきました。それと同時に、和樹への「なんで子供が出来ない方がよかったなんて考えになるんだ」という意見も。ただ、子供を身ごもっている女性に対して、男性は子供の存在を実感しづらいというのも事実。

目に見えない存在よりも、目の前の奥さんの苦痛を取り除いてあげたいと思うあまり、そういう考えになってしまったのではないでしょうか。それぞれが置かれている状況が違うがゆえに、この頃から、妻と夫、双方の考えや苦悩が絡み始め、少しずつすれ違いが起こっていきます。

ここからどのような展開になっていくのか…続きをご覧ください。

漫画/ちなきち