賛否両論な中国の大学受験で、私が得たもの

もしもう一度やり直すチャンスがあったら、「もう一度中国の大学受験を受けてみたいか?」と聞かれたら、私はおそらく「NO」と答えるでしょう。今でもこの連載の文章を書くにあたって、受験ことを思い出し、悪夢にうなされ汗ばむ程、あの一年は過酷でした。

第4回『中国の「壮絶すぎる」大学受験…受験生が1万メートル走る意外な理由 』より。勉強に疲れたときのストレス発散方法がすごかった…。漫画/かいし
-AD-

しかし、私はあの一年から学んだことはたくさんありました。

莫大なプレッシャーの中で自己調節すること、孤独を生きること、知識を吸収して運用すること…しかし沢山ある中でもいちばん大切だったのは、「諦めないこと」なのかもしれません。

悔しくて悲しくて、何度涙を流したかもう覚えてはいないけど、ペンを投げた回数だけペンを拾ったのは、覚えています。あの時、最後まで粘れたからこそ、今後どんな環境でも、「安易には諦めたくない」と思えたのかもしれません。

受験は人生を変えてくれるかもしれない

方式は違うけれども、世界のあらゆる場所でもみんな、莫大なプレッシャーを背負い、勇敢に挑む姿はそんなに変わらないと思います。

受験は人生すべてを左右できないけど、人生を変えたいと思うその強い望みを、受験は実現してくれるかもしれません。全力で駆け抜けた、全ての青春に乾杯をしたい夜です。

漫画/かいし