主にインスタグラムで「結局怖いのは人間だよね」というテーマで漫画を描き、53.7万人のフォロワーがいる、ちなきちさんの人気作『僕と帰ってこない妻』。主人公は妻と子を持つ、ごく普通の会社員・倉田和樹。周りからはイクメンでよくできた夫だと評価されていますが、妻の雪穂が家出し帰ってきません。なぜ2人はすれ違ってしまったのか。夫婦関係が変化した、切迫流産と診断された妊娠初期のことを和樹は振り返ります……。前編【切迫流産を報告したら電話口で「ため息」…女性が多い職場だからこその、厳しい現実】から続く、後編記事です。

落ち込む雪穂のことを和樹は元気づけたいが

ごくごく普通の夫婦に起きたすれ違いを描いた漫画『僕と帰ってこない妻』。主人公の和樹は「家族サービス」をしっかりするという自称イクメン夫。誰もが羨む円満な夫婦関係だったはずなのに、ある日突然「書置き」を残して妻・雪穂と子供が出ていってしまいます。思えば雪穂と和樹の関係性に変化があったのは、雪穂の妊娠が判明したときからでした。

妊娠判明当初の明るく前向きな生活は続かず、雪穂のつわりが始まったことで二人の生活が一変します。和樹は妊娠に理解のないパワハラ気質の上司がいる環境でつらい思いをし、一方の雪穂は「切迫流産」と診断されたことで、会社での立場が悪くなり気持ちが不安定になってしまいます。慰めようとする和樹に対しても雪穂は強く当たってしまい、自己嫌悪でまた涙を流すのでした。

『僕と帰ってこない妻』#11より。漫画/ちなきち
-AD-

インスタグラムのコメントには、前回同様、雪穂への共感コメントが殺到しました。そして意外と多かった意見が、「同性」から厳しい対応をされたというもの。一見、つらさが分かるからこそ優しく対応してくれそうなのですが、妊娠、出産は同性であっても個人差が大きい分、なかなか理解してもらうことは難しいようです。

そしてそのコメントを読みながら、過去に私の勤めていた会社でも、妊婦の方に強く当たっていた女性の上司がいたことを思い出しました。結局、その妊婦の方を異動させることで解決はしましたが、本人が望んだことではなかったので、個人的にはその対応に納得いかず強い憤りを感じたことを覚えています。今ならばマタハラにあたる処遇だったように思います。

雪穂はこのまま耐えるしかないのでしょうか。雪穂の言葉を聞いた和樹の反応は…? それでは続きをご覧ください。

漫画/ちなきち