主にインスタグラムで「結局怖いのは人間だよね」というテーマで漫画を描き、53.8万人(2021年12月現在)のフォロワーがいる、ちなきちさん。今までは主にご自身の実体験を中心に漫画を作成していたそうですが、多くの方から「私もこんな怖い体験をしました!」「ぜひエピソードを漫画化してほしい!」という意見があり、現在はエピソードを公募し、漫画化したものを投稿しています。

その中でも反響を呼んでいるのが、子どもを連れて出て行った妻と、原因に全く心当たりがない夫の夫婦のすれ違いを描いた作品『僕と帰ってこない妻』。インスタグラムに投稿するたびに多くのコメントが寄せられています。

 

ごくごく普通の夫婦に起きたすれ違いを描いた漫画『僕と帰ってこない妻』。主人公の和樹は「家族サービス」をしっかりするという自称イクメン夫。誰もが羨む円満な夫婦関係だったはずなのに、ある日突然「書置き」を残して妻・雪穂と子供が出ていってしまいます。思えば雪穂と和樹の関係性に変化があったのは、雪穂の妊娠が判明したときからでした。

妊娠発覚当初の明るく前向きな生活は続かず、雪穂のつわりが始まったことで二人の生活が一変します。雪穂は横になっていることが増え、家事は和樹がすることが多くなりました。

そんななか、雪穂から「切迫流産と診断された」と連絡が。自宅に帰ると静かに涙を流す雪穂の姿。なんでも、診断結果を職場に伝え、「休む」と言った際に電話口の上司に溜め息をつかれてしまったそう。つわりで思ったように動くことが出来ず、職場の人にも迷惑をかけ、家事も出来ず……。不安と孤独で雪穂はボロボロになっていたのです。

『僕と帰ってこない妻』#10・後編より。漫画/ちなきち
-AD-

前回のエピソードをインスタに投稿した際には、つわりのときに同様に会社から酷い対応をされた、という共感の声が殺到しました。少子高齢化が叫ばれているけれど、結局出産したところでそれを受け入れられるような社会の体制が整っていない。社会の仕組みそのものを見直さないと、少子化に拍車がかかる一方だというコメントも、沢山いただきました。

妊娠、出産は本来であれば喜ぶべきはずのことですが、現場に余裕がない会社では体調優先にしたり休んだりすることは、否定的な目で見られがちです。女性でも男性でも、妊娠・出産のタイミングで無理なく働ける、環境の整った企業が増えることを祈るばかりです。

雪穂の涙の本当の理由を知った和樹はなんと声を掛けるのでしょうか、それでは続きをご覧ください。

漫画/ちなきち