主にインスタグラムで「結局怖いのは人間だよね」というテーマで漫画を描き、53.8万人(2021年12月現在)のフォロワーがいる、ちなきちさん。今までは主にご自身の実体験を中心に漫画を作成していたそうですが、多くの方から「私もこんな怖い体験をしました!」「ぜひエピソードを漫画化してほしい!」という意見があり、現在はエピソードを公募し、漫画化したものを投稿しています。

その中でも反響を呼んでいるのが、子どもを連れて出て行った妻と、原因に全く心当たりがない夫の夫婦のすれ違いを描いた作品『僕と帰ってこない妻』。インスタグラムに投稿するたびに多くのコメントが寄せられています。

妊娠に「大丈夫」は、ない

ごくごく普通の夫婦に起きたすれ違いを描いた漫画『僕と帰ってこない妻』。主人公の和樹は「家族サービス」をしっかりするという自称イクメン夫。誰もが羨む円満な夫婦関係だったはずなのに、ある日突然「書置き」を残して妻・雪穂と子供が出ていってしまいます。思えば雪穂と和樹の関係性に変化があったのは、雪穂の妊娠が判明したときからでした。

妊娠当初の明るく前向きな生活は続かず、雪穂のつわりが始まったことで二人の生活が一変します。雪穂は横になっていることが増え、家事は和樹がすることが多くなりました。しかし、和樹の上司はパワハラ気質。妻が妊娠中だと言っても理解を示してくれません。

そんな中、雪穂から「切迫流産と診断された」と連絡が入ります。不安な表情を浮かべる和樹でしたが、先輩である温田さんが励ましてくれます。実は彼の妻も妊娠初期に切迫流産と診断された過去がありました。けれど、今、子どもは元気に育っているいうので、その言葉に和樹も前向きに。ただ、温田さんが心配しているのは和樹ではなく妻である雪穂のことでした。温田さんが心配する理由は何なのでしょうか。

『僕と帰ってこない妻』#9より。漫画/ちなきち
-AD-

前回のエピソードで、妻の切迫流産に悩む和樹へ向けた、温田さんの「きっと大丈夫」という発言には様々なコメントが寄せられました。「同じく切迫流産と診断されたとき、大丈夫だと励まされて嬉しかった」という意見。「ずっと不安な気持ちと戦っているのだから、軽々しく『大丈夫』だなんて言わないで!」という意見。

どちらの気持ちも分かります。前向きでありたいけれど、それ以上に子どもを無事に出産できるかどうか分からないという、とてつもない不安感や恐怖心。お腹で赤ちゃんを育るのは女性ですから、「大丈夫」という言葉に敏感に反応してしまうのは当然かもしれません。けれど、このときの和樹にとっては、とても救われた言葉だったのではないでしょうか。

それでは続きをご覧ください。

漫画/ちなきち