2021.12.29
# パンダ

動物園のパンダの寝ぼけた姿が「最高に可愛い」「夢見てるみたい」と話題騒然…!

水曜日のお嬢様(59)

ちょっと短めのおみ足にまるいボディ。唯一無二のフォルムを持つ、神戸市立王子動物園のメスのジャイアントパンダ「タンタン(旦旦)」。そのかわいい姿と優雅な所作から、親しみを込めて、“神戸のお嬢様”とも呼ばれています。

愛くるしいタンタンですが、実は現在26歳。人間で言うとおよそ70代という高齢パンダ。そして、中国への返還が決まっています。神戸で最後の時間を過ごす、お嬢様の様子を、動物園の休園日である水曜日にお届けします。

「来年もヨロシクね」
 

観覧再開でソワソワしたのは……

タンタンの観覧再開から約2週間がたちました。その間、タンタンの様子に変化はあったのでしょうか。飼育員の梅元良次さんに聞きました。

寝転がる場所を、見定めています

「久しぶりの観覧に、タンタンがどんな反応を示すか心配していましたが、特に何も変わらず。相変わらずのマイペースで過ごしてくれていたので、ホッとしました」と、梅元さん。

「むしろ久しぶりの観覧でソワソワしていたのは、人間の方でしたね」と続けます。取材時も、お嬢様はいつもとお変わりない様子。梅元さんがおっしゃるとおり、観覧再開でソワソワしたのは、私たち人間の方だったのですね。

「見て!いつもより高めに上げてみたの」

関連記事