2021.12.29
# 韓国

韓国人の私が、東京五輪で「“韓国人であること”は恥ずかしい」と強烈に感じたワケ【2021年ベスト記事】

朴 車運 プロフィール

五輪を「政治利用」

韓国政府は五輪を政治の道具に利用することがある。

筆者の記憶にある最初の五輪は1984年のロスアンゼルス五輪で、小学校に通っていた当時、選手に向けたスクラップブックを作る課題が出され、彼らが帰国するとカーパレードに動員されて太極旗を振って歓迎した。

この時、金メダルを獲得した選手たちは国家英雄として待遇を受け、国家がその後の活動を保障した。 「3S政策」を掲げて国民の関心を引いた軍事独裁政権時代の話である。

 

1988年のソウル五輪も同様だった。

軍事政権ではなかったが、その延長線上にあった韓国は五輪出場史上、最も良い成績を収めた。この時も筆者ら生徒は競技場に動員されて知らない外国人選手に手紙を書き、絵を送る学校課題を遂行した。 当時、反日扇動が五輪を政治的に利用することはなかった。

反日を煽る文在寅 photo/gettyimages

一方で、今回の五輪はどうか。文在寅政府の対応を見ると、選手たちを政治的宣伝に利用してしようとする狙いが透けて見えた。 国際大会では文在寅が現れて、選手たちを激励する姿が放送されている。

4年に1度開かれる五輪をパンデミックの影響で延長せざるを得ない状況に追いこまれた日本は、様々な面でとても苦労が多かった。パンデミックが続く厳しい状況下で成功できるかわからない中、世界の人々が楽しめるフェスティバルを開いた日本。

韓国人がその祝祭を台無しにした面はなかっただろうか。

SPONSORED