2021.12.29
# 韓国

韓国人の私が、東京五輪で「“韓国人であること”は恥ずかしい」と強烈に感じたワケ【2021年ベスト記事】

朴 車運 プロフィール

「品格のマスク」って…

開会式後、韓国が出場する試合で日本の子どもたちが韓国を応援する姿があった。日本の子どもたちは隣人の韓国を友邦として応援していた様を見ていると、彼我の差に韓国人である自身が恥ずかしくなった。

スポーツのエリートを標榜する韓国の選手らはもちろん競技に集中していたが、一部では褒められないような言動をとった選手もいた。

 

男子射撃に出場した五輪4冠王の秦鍾午(チン·ジョンオ)選手は、個人戦と団体戦の両方で決選進出を逃した。 15位で競技を終えた秦鍾午選手は、個人戦優勝者を「テロリストが金メダルを取る五輪」と非難し、また、マスクを外さなかったからまともな競技ができなかったと言い訳しながら不満を示した。

秦鍾午氏は帰国後、韓国メディアのインタビューで「組織委員会の防疫が不備で危険だった」と語ると、メディアは秦鍾午の行動を「品格のマスク」と煽る記事を掲載した。

品格を欠いているのはどちらなのか、と暗澹とした気持ちになる騒動だった。

そして、今回の五輪での韓国の成績は総合16位で、金メダルはアーチェリーやフェンシングなど6個を獲得しただけだった。メダル数、総合順位とも目標を下回った。

SPONSORED