海外旅行へ行きたいけれど行けない今、自宅で海外料理を作って楽しんでみるのはいかがでしょうか? そこで今回、世界文化社より発売の『はじめてでも美味しく作れる ロシア料理』からロシア料理のレシピを抜粋してご紹介します!

これまでお届けした、本当のロシア家庭料理「ガルプツィ」、ロシア最古の料理の1つ「ブリニー」レシピに引き続き、今回はロシア人が一番よく食べるスープである「ッシー」というレシピをお届けします。

-AD-

『恐ロシア』といったイメージを変えたい

撮影/LAURENT Mana

幼い頃から美食法、料理法に興味を持ち、15年前から毎日料理を作るほどの料理好きが高じて本作を出版するようになったという、ロシア・サンクトペテルブルク出身のバリトン歌手ヴィタリ・ユシュマノフさん。

大好物の料理やお菓子、祖母や母から教わった料理、ソ連時代の国家オフィシャルレシピをいまの時代にアレンジしたレシピなど、ロシア本場の家庭の味が作れるヴィタリさんが、ロシア料理としておなじみのボルシチ、ビーフストロガノフ、ピロシキや鍋ひとつで作るスープ、クッキーやお菓子など、計44品を紹介してくださっている本書、どのように楽しんでもらいたいでしょうか? 読者へのメッセージを伺いました。

「私はこの本を書いた理由が2つありました。一つはロシア料理と言えば『ボルシチ』と『ピロシキ』しか名前が出てこないことが多いですが、ほかにも色んな本当に美味しいものがあります! それを知らないともったいないと思いました。そして、料理本を見るだけでも楽しいですが、作ったことがない料理を自分で作って、食べることはもっと楽しいです!

もう一つの理由は、ロシアは日本に近い国ですが遠く感じるし、よく分からない国、『恐ロシア』といったイメージがあるからです。この本を読みながら少しでもロシアのことをもっと近く、もっと楽しく思っていただけたら嬉しいです。でも何よりも、ぜひ色々作ってみて下さいね!」

撮影/LAURENT Mana

ヴィタリ・ユシュマノフさん
サンクトペテルブルク生まれ。マリインスキー劇場の若い声楽家のためのアカデミーで学ぶ。ライプツィヒ音楽演劇大学を卒業。2015年春より日本に拠点を移す。びわ湖ホールオペラ、「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」、「東京・春・音楽祭」、NHK-FM、NHKワールド・ラジオ日本、BSテレ東、NHKワールドTV、東京芸術劇場他の全国共同プロジェクト、新国立劇場オペラなどに出演。「日本トスティ歌曲コンクール」第1位、「日伊声楽コンコルソ」第1位、「東京音楽コンクール」など、受賞多数。これまでに4枚のCDをリリース。
幼いころからの料理好きが高じ、本書では“本物のロシア料理”を紹介。YouTube「Café Vitaly」(カフェ・ヴィタリ)でその腕を披露している。
http://vitalyyushmanov.com/

ロシア料理でもっとも大切なスープ「ッシー」の作り方は、次ページからお届けします!