2021.12.29
# ドラマ

『最愛』『恋です!』『ハンオシ』…10月ドラマが描いた「21世紀型の恋愛」の正体

堀井 憲一郎 プロフィール

『恋です!〜ヤンキー君と白杖ガール〜』では、二人はやがて付き合いだして恋人同士になる。十代のようなピュアな付き合いが続いていた。

そして黒川(杉野遥亮)が地方で店長になる話が来たとき、ユキコ(杉咲花)は別れようと言い出す。いわば彼の将来のために身を引くという形である。ちょっと昭和テイストで、なかなかよかった。

最後は黒川は東京へ舞い戻り、二人で同じ仕事を始めるように歩み出し、明るく終わった。

関係も少しは進んだのだろうが、具体的には描かれない。

どこか中高生ぽい付き合いが続いていた。

 

偽装結婚ドラマ

それは『婚姻届に判を捺しただけですが』でも同じであった。

これも恋愛ドラマである。

偽装結婚ドラマであった。

大加戸明葉(清野菜名)と百瀬柊(坂口健太郎)は、それぞれの事情から形だけの結婚、つまり偽装結婚をする。

明葉は「お金のため」、百瀬は「既婚者という肩書きが欲しいため」であった。

お互いにまったく好意を抱いてないまま、でも書類上も世間的にもしっかりと夫婦なので、一緒に暮らしている。シェアハウス的な、距離を取った同居である。

それが、いつしかお互いに好意を抱きはじめる。

結婚していても「偽装」だから関係はピュアという状態が続き、でもお互いの好意を確認して、なぜか一度離婚してから再婚して、ハッピーに終わった。

関連記事