1%の富裕層が支配する“アメリカン・ドリーム”移民たちの「格差と貧困」の実態

『わたしのアメリカンドリーム』

日本で働く外国人労働者は170万人を超え、過去最高を記録(出典:厚生労働省)。国内の人材不足や政府による政策を背景に、外国人労働者はますます増えていくだろう。

いっぽう、移民の割合がおよそ6人に1人のアメリカには、毎年75万人近い移民が、世界中から集まってくる。(出典:国連日本経済新聞

そんな移民大国アメリカの、アジア系移民や黒人をめぐるリアルな姿を描いた『わたしのアメリカンドリーム』(著:ケリー・ヤン)をテキストとして、『13億人のトイレ~下から見た経済大国インド』『オーディション社会 韓国』ルポ死刑~ 法務省がひた隠す極刑のリアル』の著者で、共同通信編集委員兼論説委員の佐藤大介氏が、移民社会の光と影を解説する。

なお、このアメリカで刊行された児童書は、2018アマゾン チルドレンズ・ベストブックスのほか、アジア・太平洋系アメリカ人文学賞(児童文学作家部門)、グローバル・リード・アラウド賞(小学校高学年の部)など、図書館や文学、教育専門誌で数々の賞を受賞している。

アメリカンドリームをもとめて

米国のニューヨーク湾には、高さ93メートルの「自由の女神」像がそびえている。

右手に松明(たいまつ)を高々と掲げている姿は、米国が「自由と民主主義」であることの象徴とされ、世界で最も有名な像のひとつと言えるだろう。

その左手には、1冊の書物が抱えられている。米国の独立記念日である1776年7月4日が刻まれた独立宣言書だ。

「自由の女神」その左手には独立宣言書を抱えている Photo by gettyimages「自由の女神」その左手には独立宣言書を抱えている Photo by gettyimages
 

トーマス・ジェファーソンらによって書かれた独立宣言には、こうした一節がある。

「すべての人間は生まれながらにして平等であり、その創造主によって、生命、自由、および幸福の追求を含む不可侵の権利を与えられている」

誰もが幸福になれるチャンスがあり、能力を発揮することによって、豊かな生活を享受することができる。それこそが「アメリカン・ドリーム」なのだ。

「移民の命なんて軽く思われているの」

その希望に満ちたメッセージを信じ、多くの人たちが人生で成功する機会を求めて米国へと向かった。

いわゆるヤングアダルトのジャンルに分類される『わたしのアメリカンドリーム』に登場する主人公、ミアとその両親も、多くの移民の1人として描かれている。

明るい未来を手にしようと中国から米西部カリフォルニア州へ移住してきたミアの一家だが、現実は厳しかった。

関連記事