王毅外相が自画自賛する「2021年中国外交」…冗長な演説から見えた“3つの特徴”

2022年には一体何が起きるのか

中国外交を自画自賛

先週12月20日、王毅国務委員兼外交部長が、「国際情勢と中国外交検討会」で講演を行った。タイトルは、「2021年中国外交:天下を胸に抱き、国のため民のため実践する」

絶対忠誠を誓っているボスの習近平主席にならい、かなり長い講演だったが、いまの中国が思うこと、言いたいことが散りばめられている。以下、私見を交えながら、その要旨をお伝えしたい。

Gettyimages

まず、「世界は二つの異なった方向に向かっている。それは、分裂と対立をあおり、グループで対抗姿勢を築く(20世紀の)冷戦思考の復活と、もう一つは人類共同の福祉から出発し、団結協力に尽力し、開放共勝を唱え、平等尊重を実践することだ」と前置きした。

つまり前者は「悪のアメリカ」で、後者は「正義の中国」だと言いたいわけだ。その上で、のっけから次のように、中国外交を自画自賛した。

「中国は終始、歴史の正確な一辺に立ち、人類の進歩の一辺に立ち、国際的な公平と正義の一辺に立ち、広大な発展途上国の一辺に立っている」

「2021年の中国外交において、われわれは習近平同志を核心とする党中央の堅強な指導のもとで、天下を胸に抱き、国のため民のためを実践し、全世界の局面の変化の中で新たな局面を創造し、世界の乱れた局面の中で危機を機会に変え、闘争と協力の中で勇敢に前進した」

 

習近平新時代の「大国外交」には、二つの特徴がある。一つは、常に「中国は正しい」という前提で進めていくことだ。もう一つは、常に「習近平主席」が主役となることだ。

王毅演説も、まずこの2点を踏まえて始まった。その上で、次の9点を強調したのだった。最初は、コロナ問題である…。

関連記事

おすすめの記事