2021.12.30

養父からひどい扱いを受けてきた39歳の妻、年上の夫に「無償の愛」を求めてしまった理由

佐藤 千恵 プロフィール

何も知らない七瀬さんが翌日出勤するとすぐに上司に呼ばれ、事情を知り驚くやら恥ずかしいやらでした。この時は会社側もむしろ「父親がこんな電話を寄越すなんて、七瀬さんへのいじめでもあったのか?」と心配していたそうで、七瀬さんは恥を忍んで事情を話し、事なきを得ました。

この時、既に成人し経済的にも自立していた七瀬さん。その七瀬さんを今でも「電話一本で好きに離職させられる」と思っている養父の浅はかさ、そして「娘が思い通りにならない」というだけの理由で七瀬さんの立場や職場への迷惑も考えず行動する身勝手さに心底愛想が尽きて、実家と関係を断つ決心がつきました。

この後も何事もなかったように養父からの電話や、母親から「お父さんが寂しがっているからたまには電話してあげて?」という留守番電話がありましたが、すべてを無視しました。そうするといつの間にか実家からの連絡はなくなり、ようやく平穏な生活を送れるようになったのです。

 

結婚当初はよかったが…

そうした日々の中、縁あって巧さんと出会い結婚します。巧さんの存在によって、

「人生の一番の味方ができた心強さがあって、今までで一番心が安定している」

と感じたそうです。

親との関係では「家族の安定のために犠牲になってきた」という思いが強い七瀬さん。素の自分を受け入れ甘えさせてくれる、包容力ある年上の巧さんの存在は七瀬さんに安心を与えてくれました。しかしそのバランスが、娘さんの誕生を機に変化します。

関連記事