2021.12.28
# 不倫

「食事1回で4万円」38歳公務員夫がハマった“パパ活女子たち”の「素性」

性犯罪の被害を防ぐために
平井 仁美

土曜昼間のラブホ街に二人の若い女の子と、そのすぐ後ろを黙々と歩くスーツ姿の中年男性。異様な光景だった。亮さんは終始伏し目がちに歩き、さすがに人目を気にしているようだった。

そして三人は、そのまま迷うことなく近くのラブホテルに入店。3時間後に一緒に出てくると、ホテルの前で解散した。中でなにが起こったのか、本当のことはその三人にしかわからない。

解散後、私はAを尾行した。Aはそのままタクシーに乗り、駅へ。そこから電車を乗り継いで都内近郊のベッドタウンにある実家に帰っていった。

 

由美さんに取り急ぎの調査報告をすると、しばらく絶句していた。

写真はイメージ/photo by iStock

「この調査だけでは何も信じられない。夫はもしかしたら女に騙されているのかもしれない」

その後、由美さんから「Aの身元を調べてほしい」と依頼があった。そして私はAの身元調査に移ることになる。

女子高生によるパパ活斡旋?

その日のAは亮さんとはまた違う「パパ」と都内で待ち合わせていた。亮さんの時と全く同じ振る舞い、全く同じテンションではしゃいでいるA。この日は待ち合わせの時点で二人目の女の子(以下C)と合流していた。

CはAよりもさらに若そうに見える。三人でカフェに入り、数十分後に出てくるとAは帰宅。二人になったパパとCは、そのまま近くのラブホテルへ吸い込まれていった。

関連記事