2022.01.02
# ライフ

38歳女性が青ざめた…子ども同士のトラブルで、相手のママ友から来た衝撃のLINE

都内に住む鳥飼紗栄子さん(仮名・38歳、以下同)は、6歳の息子・祐太くんを保育園に預けながら家電量販店で働いている。仕事が忙しく、なかなか保育園のママ友と交流する機会もなかったが、ある日公園で同級生のママの坂口由香里さん、竹田春子さんと知り合い、LINEを交換したのは、【前編】『38歳女性が大後悔…同級生の「ヤバすぎるママ友」とLINEを交換したワケ』でも紹介した通りだ。

子どもたちが同じ小学校に進学する予定だったこともあり、2人と親睦を深めるつもりでいた紗栄子さん。しかし竹田さんの「ヤバすぎる言動」が、トラブルを引き起こすことになる……。

芸能人のゴシップに辟易する

知り合ってからというもの、竹田さんは頻繁にLINEでメッセージを送ってきたという。しかし、内気な紗栄子さんは、「〇〇ってこうよね」と同意を求める彼女の話し方を、苦手と感じることもあったようだ。

「竹田さんは芸能人のゴシップネタが好きなようで、LINEはもちろん、会うたびに『〇〇って不倫しているんだって』というような話をしてきたんです。私はそもそもあまり興味がないうえに、仕事が忙しくてテレビを観る暇もなかったので、適当にあいづちを打っていました。本当か嘘かわからない話ばかり聞かされて、ストレスが溜まっていたと思います」

Photo by gettyimages
 

さらに、紗栄子さんにとっては弘樹くんの態度も悩みの種だったという。

「私がうちの子に気を取られていると、後ろからドンっとぶつかってきたりするんです。6歳児にしては、結構力が強くて痛いのですが、悪気がないようで、笑ってばかりで謝らないんです。

私だけならまだしも、祐太がちょうどしゃがんでいる時に思いっきり走ってきて、弘樹くんの膝が顎にぶつかったり。竹田さんは『元気がいいだけでわざとではない』と言うのですが、やんちゃすぎる面があるので、好きになれなくて…」

SPONSORED