夕張の苦境に想う…都会人が言う「もう経済成長はいらない」は正しいか

無自覚に行われる「地方搾取」について
御田寺 圭 プロフィール

無数の夕張を想う

逆にいえば、先の見えない生活を問答無用で延々強いられる若者たちを、全国からひたすらかき集めて文字どおり使い捨てることで、東京の表面的な「豊かさ」は成り立っている。しかも東京という街は、その残酷な事実をキラキラとした都会のイルミネーションやおしゃれな商業施設によって巧みに覆い隠す。「東京」という街が全体として放つ憧れや優越感がまばゆい光を放って、さながら誘蛾灯のように若者たちを呼び寄せる。

地方からやってきた若者を搾取して生み出された富を享受する人びとと、その子どもたちの生活は物質的に飽和していき、そうした人が「これ以上の豊かさはいらない」と深刻な顔をして語る。たしかにそうした人の主観的価値観では「これ以上の豊かさはいらない」というのは真実だろうが、そこには夕張市のような地方の街への想像力はない。ましてや夕張ほど有名ではない無数の町に対してはいうまでもない。

 

こうした「脱成長」を唱える識者には、名門国公立大学や私立大学の教員もいる。多くの若者が大学に進学する時代となったいま、東京圏や京阪神に集中して存在する有名大学・難関大学・マンモス大学は、地方から若者を吸い上げるさながら「ストロー」のようなものだ。そんな大都市圏の大学に在籍し、地方で働く親たちが工面する多額の学費や、大都市の人的搾取によって生み出された税金・補助金によって暮らしている教員たちの語る「脱成長論」は、まさしく欺瞞以外の何物でもない。

東京圏の大学が地方から若者を吸い寄せる「ストロー」であること、それが地方の人口動態を危うくし、経済的社会的衰退を招いている一因であることに政府もようやく気が付き、首都圏の大学の定員を絞り込む方策をとりはじめた。*4 各大学は国からの補助金を人質にされているので厳格な定員基準を守らざるを得ず、実際にこの施策は統計的には確実な成果を上げているようだ。

だがそれは遅きに失した感がある。

この政策は、もはや回復不能なほどに衰退しきった地方の町々に若者を閉じ込める結果にしかならないだろう。このままではやがてどの町も夕張市と同じ姿に至ってしまう。だからきみたちは、地方の町々の未来を変えるための犠牲になってほしい――前途ある若者を押しとどめて、暗にそう言っているに等しいからだ。

関連記事