1月10日は成人の日。コロナ禍で密を避けるため、2日に分けて成人式を行う自治体もあるようだ。2022年は、コロナでしばし遠ざかるを得なかった故郷に久々に帰ったり、改めて「地元」への想いを馳せる年越しになった人は多かったのではないだろうか。

そんな「地元」への想いが集まった企画として話題となったのが、『東京卍リベンジャーズ』のキャラクターたちを用いて2021年9月に行われた全国キャンペーン「日本リベンジャーズ」だった。

実写版の映画『東京リベンジャーズ』は2021年の興行収入実写版映画で1位を獲得した漫画『東京卍リベンジャーズ』。2021年9月までに4000万部を売り上げる大ヒットとなった。
人気の秘密はいろいろあるが、個性的なキャラクターもその一つ。人気キャラアンケートをしたら軽く20位くらいに分かれるほど多くの魅力的なキャラがいるのである。
「日本リベンジャーズ」では、そのキャラたちの「物語と別の顔」が見られたのだ。

(c)和久井健/講談社

キャンペーンで行われたのはこちら。

1)47都道府県のご当地リベンジャーズポスターを東京駅に掲出
2)朝日新聞朝刊に47都道府県別デザインの異なる広告が掲載!
3)「ご当地リベンジャーズ」イラストカードがもらえる書店キャンペーンを全国3000店舗で実施!
4)約200店のキャンペーン実施書店でご当地リベンジャーズの等身大立て看板&ポスター掲出
5)書店用ポスターが当たるTwitterキャンペーン「#オレの地元が最強」を開催!

開店後即完売の書店が続出し、Twitterトレンドにもなった。コンビニから朝日新聞が消え、「サンデージャポン」にも取り上げられた。
なにより、コミックのカバーを飾ったキャラクターたちが方言でご当地のことを語るセリフがまた爆笑と評判を呼んだ。また、各県カバーも大人気で、12月21日発売の週刊少年マガジンでも各県シールが付録についたほどだ。

しかし限定企画だったため、目にできていない人、手にできなかった人もいることだろう。そこで新春特別企画としてリベンジャーズポスターとポストカードを全公開!

東日本編に続き、東海・近畿・四国・中国・九州を入れた、いわゆる「西日本編」をご紹介する。

-AD-

琵琶湖の水、止めたんぞ!!!

静岡(龍宮寺堅/ドラケン)
「静岡の東名 ばか長すぎだらって笑ったヤツ…全員ノシてきたに」

(c)和久井健/講談社

「英語にするとサイレント・ヒル…イケてるら?」

(c)和久井健/講談社

愛知(武藤泰宏/ムーチョ)
「方言女子はカワイイって言うがや…名古屋弁は“別”ってどういうことぉ…」

(c)和久井健/講談社

「なんでもかんでも 味噌つけて食べんがあ」

(c)和久井健/講談社

三重(羽宮一虎)
「三重の県庁所在地…お前は言えるやんな?」

(c)和久井健/講談社

「神頼みもええけど ダチにも頼っていこに」

(c)和久井健/講談社

滋賀(半間修二)
「ナメたことゆうとったら 琵琶湖の水 止めたんぞ!!!」

(c)和久井健/講談社

「鮒ずしほどトンガっとるメシ 他にあるけぇ?」

(c)和久井健/講談社