フォーリンラブ・バービーさんのFRaU web連載「本音の置き場所」(毎月1回更新)では、芸人として、ひとりの女性としてバービーさんが抱えているモヤモヤに向き合い、本音を綴っていただいています。今回は、たまたま居酒屋のテレビから流れてくる松坂大輔選手の引退会見を見たバービーさんが、松坂選手が語った言葉に胸を打たれ、考えたことを綴っていただきました。

バービー連載10回までが1冊になった初のエッセイ集『本音の置き場所』はこちら

運動を習慣にできていない…

大人になってからずっと改善できない悩みがある。

それは運動習慣を持てないこと。中高大とテニス部に所属し、あれほど激しく毎日身体を動かしていたというのに、たったひとりでは、ワンメーター歩くのでさえ億劫だ。携帯に内蔵されている万歩計を見ると、170歩という日さえある。

-AD-

日々の練習に引っ張り出してくれた中高の仲間の存在の大きさをしみじみ感じる。スポーツは嫌いではない。ただ、ひとりだと三日坊主になってしまう。

先日、仕事が夕方4時頃に終わり、「今日こそは運動するぞ! まずはウォーキングからだ!」と息巻いて撮影スタジオを出た。歩き出して2分後、赤提灯の居酒屋が目に飛び込んで来た。いつからか私は、赤提灯を見たら絶対入らなければいけない体になってる。

写真提供/バービー

しかも、年季の入ったのぼりに「昼飲み」と書いてあるもんだから、中を覗き込むこともせず、まるで週3で通っている常連のようなスピードで店に入った。そしてすぐさま、ダウンタウンさんの写真を見つけた。

『ダウンタウンなう』のメイン企画だった「本音でハシゴ酒」のロケでこの店が使われたらしい。平日の夕方、客は私ひとり。あえて、ダウンタウンさんの写真とサシのみができるようにと席を陣取り、メニューも見ぬままウーロンハイを注文した。

こういうときは、こなれ感を出すに限る。ファッションではこなれ感より、不慣れ感が出てしまいがちな私だが、初めて入る店でそれっぽさを出すのは、かなりの腕前だと自負している。

豚串屋さんだった。さすが、「本音でハシゴ酒」が来ているだけあって、店構えからは想像つかないほど旨くて、ついにやけてしまった。

写真提供/バービー

料理の注文が終わったら、ノートや手帳を広げるのが、私流おひとり様の飲み方だ。